障害児通所給付

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1031344  更新日  令和4年2月28日

内容

児童福祉法に基づく障害児通所給付とは、障害児通所支援等を利用した場合に、サービスに要した費用の9割を支給するものです。(残りの1割は利用者が負担します。)

サービス一覧

  • 児童発達支援
    未就学の障がい児に対して、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練を行います。児童発達支援は、児童発達支援センターとそれ以外の児童発達支援事業の2種類があります。
  • 居宅訪問型児童発達支援
    通所が困難な障がい児に対して、訪問による児童発達支援・放課後等デイサービスを行います。
  • 医療型児童発達支援
    肢体不自由児に対して、児童発達支援及び治療を行います。
  • 放課後等デイサービス
    就学中の障がい児に対して、授業の終了後または夏休みなどの休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進などを行います。
  • 保育所等訪問支援
    保育所等を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援などを行います。

通所給付対象者

原則として、身体に障がいのある児童、知的に障がいのある児童、精神に障がいのある児童(発達障害者支援法に規定する発達障害児を含む)、障害者総合支援法施行令第1条に規定する特殊の疾病(令和3年11月1日から366疾病)に該当する難病等の児童が対象となります。

通所給付の決定を行うにあたり、障がいの診断を受けていること、発達検査などで発達に遅れがあるとの見立てがあることなど、療育を受ける必要性があることを勘案のうえ、決定します。

手続方法

サービス事業所への相談の前に、必ず障がい福祉課へお問い合わせください。児童担当またはケースワーカーより、お聴き取りをさせていただきます。療育の必要性を確認させていただいた後、窓口にご来庁いただき、お手続きをしていただきます。

手続きでご準備いただくもの

  • マイナンバーがわかるもの
  • 印鑑(朱肉を使うタイプのもの)
  • 口座がわかるもの(交通費の助成が出る場合があります)
  • 診断書、発達検査結果など

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい者支援担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム