自立支援給付

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004341  更新日  令和4年6月27日

内容

障害者総合支援法に基づく自立支援給付とは、障がい者の自己決定を尊重し、利用者本位でのサービス提供を基本としています。利用者とサービスを提供する事業者は対等な関係としており、障がい者が自らサービスを選択して、契約を交わした後にサービスを利用する仕組みです。 

(注)介護保険対象者は介護保険によるサービス提供が優先されます。

介護給付

居宅介護や施設入所支援などの、日常生活上必要な介護を受けられるサービスです。

〈居宅系サービス〉 

  • 居宅介護(ホームヘルプサービス(身体介護・家事援助・通院等介助・通院等乗降介助))
  • 重度訪問介護
  • 行動援護
  • 重度障がい者等包括支援
  • 短期入所(ショートステイ)
  • 同行援護

〈日中活動系サービス〉

  • 生活介護

〈居住系サービス〉

  • 施設入所支援
  • 療養介護

訓練等給付

障がい者が地域で生活を行うために、適性に応じて一定の訓練を提供されるサービスです。

〈日中活動系サービス〉

  • 自立訓練(機能訓練・生活訓練)
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援(A型・B型)
  • 就労定着支援
  • 自立生活援助

〈居住系サービス〉

  • 共同生活援助(グループホーム)

計画相談支援給付

障害福祉サービス等の申請に係る支給決定前に、サービス等利用計画案を作成し、支給決定後に、サービス事業者等との連絡調整等を行うとともに、サービス等利用計画の作成を行います。また、支給決定されたサービス等の利用状況の検証(モニタリング)を行い、サービス事業者等との連絡調整などを行います。

地域相談支援給付

障がい者の地域生活への移行を進め、地域で安心して暮らすための相談支援です。

  • 地域移行支援
  • 地域定着支援

対象の方

  1. 身体障害者手帳をお持ちの方
  2. 療育手帳をお持ちの方
  3. 精神障がいを有する方(精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、精神障がいを事由とする年金を受給している方、自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの方、医師による精神障がいの診断を受ける方(発達障害者支援法に規定する発達障がい児者を含む。主治医の診断書が必要となる場合があります。)
  4. 障害者総合支援法施行令第1条に規定する特殊の疾病(366疾病)に該当する難病等の方

サービス受給の流れ

  1. 受付・申請・・・必ず事前に障がい福祉課へご相談ください。
  2. 障害支援区分の認定・・・調査項目に沿って聞き取り調査を行い、市・審査会にて支援区分が決定されます。利用者の状況によって、サービス量も決定します。
  3. サービス等利用計画案の作成・・・相談支援事業所にて計画案を作成します。
  4. 支給決定・・・サービス受給者証を送付します。
  5. 支給決定時のサービス等利用計画・・・相談支援事業所にて計画を作成。セルフにて作成も可。
  6. サービスの利用開始・・・サービスを利用する事業所と契約を結んだあと、サービスの利用を開始。

(注)ここに示した流れは主なものであり、利用者の状態等により順序が異なる場合があります。

利用者負担

原則として、サービスに要した費用の1割を負担していただきます。利用者負担は、月ごとに上限が定められています。

窓口

障がい福祉課

事前にご相談ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい者支援担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム