現在の位置:  トップページ > くらし > 税金 > 個人市民税 > 令和3年度の個人市民税・県民税の申告について


ここから本文です。

令和3年度の個人市民税・県民税の申告について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1043614  更新日  令和3年7月6日

令和3年度個人市民税・県民税の申告

この申告が必要な人

令和3年1月1日現在、茅ヶ崎市内に住所があり、所得税の確定申告をしておらず、次に該当する人は市・県民税の申告が必要です。

公的年金等所得がある人

  • 公的年金等以外の不動産所得、事業所得、一時所得等があり、その所得が20万円以下の人
  • 公的年金等の源泉徴収票に無い所得控除(医療費控除、 生命保険料控除等)の適用を受ける人

給与所得がある人

  • 給与以外の不動産所得、事業所得、一時所得等があり、その所得が20万円以下の人
  • 給与所得のみで、勤務先から給与支払報告書が提出されていない人

その他の所得がある人

  • 給与、公的年金等の所得がなく、前年中の合計所得金額が次に該当する人

 同一生計配偶者および扶養親族のない人・・・・・45万円を超える場合

 同一生計配偶者および扶養親族のある人・・・・・35万円×(扶養人数+1)+21万円+10万円を超える場合

(注)所得のなかった人も、国民健康保険料等の算定や非課税証明書の発行等のために必要となりますので、申告書裏面の「昨年中所得のなかった人の記載欄」に必要事項を記入のうえ申告してください。

年金受給者の方の申告について

申告に必要なもの

  1. 市民税・県民税申告書(窓口で記入またはパソコンで作成・印刷⦅詳しくは下記「自宅のパソコンで・・・」⦆を参照。)
  2. (1)本人確認書類等(例:マイナンバーカード(写真付))又は(2)通知カード等の「番号確認書類」と、運転免許証・健康保険証等の「身元確認書類」
    <身元確認書類について>
    【A】官公署が発行した書類の写し(顔写真付き)(例)運転免許証、パスポートなど
    【B】官公署が発行した書類の写し(顔写真なし)(例)健康保険証、国民年金手帳など
     (注)【A】がない場合は、【B】の書類が2点必要となります。
  3. 給与所得者は源泉徴収票または支払者の証明書、年金所得者は公的年金等の源泉徴収票、営業所得者などは収支明細のわかるもの
  4. 所得控除に必要な各種領収書、証明書又は明細書(医療費(医療費控除明細書を作成。領収書のみは受付不可)、国民健康保険料、国民年金保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料、地震保険料、旧長期損害保険料など前年中に支払ったもの)
  5. 寄附金税額控除に必要な領収書または証明書
  6. 障がい者手帳・在学証明書など
  7. 代理人の場合は上記3に替えて、代理権の確認書類(委任状等)・代理人の「身元確認書類」・本人の「番号確認書類」
  8. 国外居住親族に係る扶養控除等の適用を受ける場合は、「親族関係書類」および「送金関係書類」
代理人による申告の場合
 代理人の方の身分確認書類(上記【A】または【B】)に加え、委任状をご提出ください。委任状の代替書類は次のものになります。
 ・税務代理権限証書(税務代理の事項に市県民税(XX年分)と記入したもの)
 ・登記事項証明書(直近3か月以内のもの)

注意事項

  •  電話やファクス、Eメールでは申告できません。
  •  郵送による申告も可能です。郵送の場合は、必ず本人確認書類の写し、収入がわかるもの、各種控除の金額を証明するものを添付してください。領収書、証明書又は明細書の添付がない控除社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、雑損控除、医療費控除、障がい者控除、勤労学生控除、寄附金税額控除 は認められません。なお 郵送された写し及び領収書、証明書又は明細書は原則返却しませんので ご注意ください。
  • ただし、返送が必要な書類がある方は、返信用封筒に切手を貼付するとともに返送先住所を記載し、申告書に同封してください。代理人による申告の場合、委任状がないものは本人以外の住所に返送できません

市・県民税申告書の申告相談・提出窓口

市役所での申告受付

受付場所 場所

市役所本庁舎2階 市民税課

8時30分~17時

3月16日(火曜日)以降に申告書を提出される場合のご注意

3月16日(火曜日)以降に申告書を提出された場合は、令和3年度の当初に発送する市民税・県民税税額決定通知書(特別徴収(注)1:5月、普通徴収(注)2:6月)に申告内容の反映が間に合わず、発送時期が遅れる場合がありますので、ご了承ください。
また、市税のデータなどから算定される各種保険料や各種手当等にも影響が出る場合がありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

(注)1 特別徴収とは、市・県民税を給与から差し引くことです。
(注)2 普通徴収とは、市・県民税を納付書により納付いただくことです。

申告用紙

市民税・県民税申告書や医療費控除の明細書は市民税課に備え付けてありますが、ご自身でプリントアウトしていただいたものでも申告ができます。

市民税・県民税申告書

医療費控除の明細書

医療費控除の適用を受ける場合「医療費控除の明細書」の添付が義務化され、領収書の添付が不要となりました(領収書は申告から5年間保管する必要があります。)。

明細を記入する行数が不足した場合は、明細書が複数枚にわたっても構いません。

自宅のパソコンで、市県民税の試算と申告書の作成ができます

お問い合わせ先及び送付先

個人市民税・県民税に関する問い合わせ・送付先

茅ヶ崎市財務部市民税課

郵便番号 253-8686
茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話 0467-82-1111(代表)

所得税など国税に関する問い合わせ先

藤沢税務署

電話 0466-22-2141(代表)
(自動音声の案内に従って番号を選択してください)

事業税に関する問い合わせ先

藤沢県税事務所(藤沢合同庁舎内)

電話 0466-26-2111(代表)

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課 市民税担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る