現在の位置:  トップページ > 消防 > 消防からのお知らせ > 地震や停電に伴う消防からのお知らせ


ここから本文です。

地震や停電に伴う消防からのお知らせ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001474  更新日  平成30年1月17日

地震や停電に伴う消防からのお知らせ

 地震や停電が発生したときは、次のことに注意ください。

停電前の注意事項

 停電時には、電気ストーブ、アイロン、ドライヤーなどの家電製品のコンセントを抜いてください。スイッチを入れたまま放置された機器に電気が復旧して火災になるおそれがあります。

火気などの使用について

 石油ストーブ、ローソクなどを使用する場合は、地震に備えて十分に安定した場所で使用してください。
 石油ストーブを使用する場合は、火のついたままでの給油はしないでください。
 また、子どもの手の届くところや近くに燃えやすいものは置かないでください。

 計画停電が実施されている地域において、自家用の発電機、七輪、火鉢などを屋内で使用して、一酸化炭素中毒となる事故が発生しています。(東京消防庁発表資料より)
 密閉された屋内での使用は大変危険です。
 やむを得ず使用する場合は、十分に換気を行い、体調に異変を感じたら使用を中止してください。

エレベーター等の閉じ込め防止について

 エレベーター、電気錠、自動ドアなどが停電時に停止し、閉じ込め事故などが発生することがあります。エレベーター等に停電時間を表記するなど閉じ込め防止の対策を講じてください。
 利用する方は、停電時間直前の利用を控えるようお願いいたします。

119番通報について

 停電中は、「IP電話」が使用できません。
 また、「電源を必要とする電話」も機種によって使用できない場合があります。
 停電中に119番通報をする時は、「携帯電話」、「黒電話」、「公衆電話」からお掛けください。

在宅で医療機器を使用している方について

 厚生労働省より、ご自宅で人工呼吸器などの医療機器を使っている方は、停電の間の対応方法について、至急、主治医、訪問看護ステーション又は医療機器メーカーに相談してください。
 市民の皆様方で、ご近所、お知り合いの方で対象となる方がいらっしゃいましたら、お伝えくださいますようお願いいたします。

信号機からの火災?

 停電の際に、信号機の一部に備えられた非常用発電機が作動して煙が出ることがあります。
 これは、火災ではありませんのでご安心ください。

消防用設備等が地震や停電時に作動しない場合に備えた対応

 地震や停電が発生した時、電源が必要な消防用設備等が有効に機能しなくなるなど、防火対策に支障をきたすおそれがあります。次の事項を参考に、停電時における自主的な防火安全対策をお願いします。

 非常電源の容量を超えて停電の時間が続くと見込まれる場合には、消防用設備等が作動しない場合に備えて、次のとおり対応してください。

  1. 消火設備
     消火器、簡易消火用具等の設置場所及び使用方法を確認してください。
     
  2. 警報設備
     巡回等による早期発見に努め、当該警報設備の設置範囲内にいる従業員に対する連絡等の体制を確保しておいてください。
     また、火災通報装置を設置している事業所は、予備電源切れにより消防機関へ通報できない場合がありますので、携帯電話等の活用や別の方法での通報手段を確認しておいてください。
     
  3. 避難設備
     避難誘導の体制や避難経路の再確認をしておいてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防本部 予防課 予防担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-3119
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る