現在の位置:  トップページ > 消防 > 消防からのお知らせ > 老朽化した消火器の取扱いについて


ここから本文です。

老朽化した消火器の取扱いについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001458  更新日  令和2年9月29日

古くなった消火器はいざという時に使えなかったり、そのまま放置していると事故につながる場合があります。

古い消火器は破裂するなどの事故が発生しているため、消火器に錆や腐食、変形等がある場合は使用せず、速やかに新しいものに交換してください。

老朽化した消火器の廃棄について

 消火器を廃棄する場合、茅ヶ崎市では、令和2年4月1日より、大型ごみとして市で収集・処分できません。

 処分方法については資源循環課のホームページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防本部 予防課 予防担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-3119
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る