感染症情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004588  更新日  令和4年11月30日

茅ヶ崎市保健所管内感染症情報

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症については以下のページで情報をお伝えしています。

週報 令和4年第46週(令和4年11月14日~令和4年11月20日)

【新型コロナウイルス感染症について】
管内の新規感染者数(医療機関からの届出数・報告数)は第46週では849人(1日あたり121.3人)と、前週に比して1.16倍と増加傾向が続いており、高齢者施設の集団感染も3件確認されています。25日までの7日間移動平均でも、1日あたり124.1人と引き続きゆるやかに増加しており、第47週に入り高齢者施設の集団感染も2件確認されています。
新規感染者数については全国的に増加が継続しており、ほぼすべての地域で今週先週比が1を上回っている一方で、増加の速度は鈍化しており、また今週先週比が1以下となっている地域もあるとしています。今後の感染状況については地域差や不確実性はあるものの、増加速度の鈍化がみられ、ピークを迎える可能性もある。しかし、今後の変異株(BQ.1系 統やXBB系統)の置き換わりの状況や、年末に向けて社会経済活動の活発化による接触機会の増加等により、感染者数はただちに減少に向かうことなく、横ばいや再度増加する可能性もあり、注意が必要としています。令和4年11月22日に 新型コロナ治療薬「ゾコーバ(エンシトレルビル)」が緊急承認されました。感染症学会のガイドラインでは、臨床試験における成績等を踏まえ、重症化リスク因子のない軽症から中等症の患者のうち、高熱・強いせき症状・強い咽頭痛などの臨床症状がある者が投与対象とされています。現状、安定的な供給が難しいことから使用できる医療機関が限定されており、また、12歳以上で発症3日目までに投与開始、併用禁忌および併用注意の薬剤が多くあるなど、使用にあたり様々な 条件がありますので、かかりつけ医とよく相談しましょう。
オミクロン株は感染力が非常に強く、誰でも感染する可能性があります。ワクチン接種の有無にかかわらず、「メリハリをつけたマスクの着用」や「手洗い」、「三密(密接・密集・密閉)回避」に加え、「効果的な換気」など基本的な感染対策の再 徹底をお願いします。また、オミクロン株対応の新型コロナワクチン(4回目・5回目)と季節性インフルエンザワクチンの年 内接種もご検討ください。
【インフルエンザについて】
インフルエンザについては、第46週は管内での報告はありませんでした。県でも11人(定点当たり0.03)とまだ低いレベル ですが、今後の推移を見守る必要があります。

茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)においての感染症の発生情報を毎週更新しています。管内での過去5年間の平均、昨年の流行、そして今年の県内と管内の流行状況のグラフ等になります。また、今週の所長の一言として注意すべき感染症等の情報を発信しています。

「定点あたり患者数」とは、患者定点(毎週患者発生状況を報告していただいている協力医療機関のことです。管内には、11か所の内科定点、7か所の小児科定点、2か所の眼科定点、2か所の性感染症定点を定めています。)から報告された患者数の平均値のことです。

例えばインフルエンザで定点あたり患者数“1.00”ということは、定点の医療機関で、1週間に平均1人のインフルエンザの患者が受診したということです。

年齢や季節により、流行が異なります。新しい情報を確認し、日頃の感染症予防にお役立てください。

過去の感染症情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム