現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 感染症情報


ここから本文です。

感染症情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004588  更新日  令和2年7月6日

茅ヶ崎市保健所管内感染症情報

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症については以下のページで情報をお伝えしています。

週報 令和2年第26週(6月22日~6月28日)

【今週の所長の一言】新型コロナウイルス感染症については、7月2日管内で29例目となる患者さんが、約1か月半ぶりに確認され、感染源や濃厚接触者に係る疫学調査を行っています。一方、東京では100名超の患者さんが確認され、20代から30代の若者が多数を占めています。神奈川県でも20名超の患者さんが確認されています。引き続き「適切なマスクの着用や手洗いの徹底」「3密を避ける行動」「感染防止対策がされていない場所へは行かない」といった感染予防へのご協力をお願いいたします。
【定点報告からみたトピックス(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎)】
26週も感染症発生動向に大きな動きはなく、全体的に報告数は低めで推移しました。「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎」は、今週3件(定点当たり0.43件)の報告がありましたが、例年ですと春から夏にかけてと冬季に報告数が増加する傾向があります。小児に多い感染症で、潜伏期間は2~5日、突然の発熱、のどの痛みや全身倦怠感により発症し、しばしばおう吐を伴います。のどや扁桃(へんとう)の著明な発赤や頸部のリンパ節腫脹が特徴的です。感染性は急性期に最も強く、感染経路はヒトからヒトへの飛沫感染や接触感染です。患者さんとの濃厚接触は避け、うがい、手洗い、咳エチケットなどの標準的的な予防策が重要です。治療として抗菌薬が投与されますので、かかりつけ医の指示通りしっかり最後まで薬を飲み切 りましょう。なお、「猩紅熱(しょうこうねつ )」といわれる、咽頭炎から少し遅れて、頸部や前胸部から全身に拡がる点状の発赤(発疹)や口囲蒼白、苺舌などの全身症状を呈することがあります。体温の下降とともに発疹は消退し始め、皮膚からの落屑が始まり治癒します。治癒1~2週間後に急性腎炎やリウマチ熱などの二次疾患を起こすこともあります。猩紅熱は、抗菌薬の早期使用などにより近年軽症化する傾向にあります。

茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)においての感染症の発生情報を毎週更新しています。管内での過去5年間の平均、昨年の流行、そして今年の県内と管内の流行状況のグラフ等になります。また、今週の所長の一言として注意すべき感染症等の情報を発信しています。

「定点あたり患者数」とは、患者定点(毎週患者発生状況を報告していただいている協力医療機関のことです。管内には、11か所の内科定点、7か所の小児科定点、2か所の眼科定点、2か所の性感染症定点を定めています。)から報告された患者数の平均値のことです。

例えばインフルエンザで定点あたり患者数“1.00”ということは、定点の医療機関で、1週間に平均1人のインフルエンザの患者が受診したということです。

年齢や季節により、流行が異なります。新しい情報を確認し、日頃の感染症予防にお役立てください。

過去の感染症情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る