現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 FAQ > 子育て(よくあるご質問) > 手当・助成(よくあるご質問) > 特別児童扶養手当はどのような人が受けられますか。


ここから本文です。

手当・助成(よくあるご質問) よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1000310  更新日  平成26年10月20日

質問 特別児童扶養手当はどのような人が受けられますか。

回答

日本国内に住所があり、精神、知的または身体障害等(政令で定める程度以上)にある児童を監護している父、または母、もしくは父母に代わってその児童を養育している人が、特別児童扶養手当を受けることができます。
請求者及びその扶養義務者等の前年の所得が、限度額以上の場合は、当該年度(8月から翌年の7月まで)の手当の支給は停止します。

(注)監護とは、対象児童の生活について種々配慮し、日常生活において対象児童の衣食住などの面倒をみていること。

関連するページ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 子育て支援課 手当給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る