現在の位置:  トップページ > 防災 > 災害に応じた避難行動


ここから本文です。

災害に応じた避難行動

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1037198  更新日  令和1年11月29日

地震

風水害

大雨・台風

土砂災害

延焼火災

延焼火災からの避難の特徴

  • 延焼火災はどこで発生するか分からない(津波や洪水、土砂災害、高潮といった他災害との大きな違い)
  • 火災の延焼速度は、人の歩くスピードより遅い(慌てず落ち着いて避難)
  • 延焼火災の発生場所、風の強さや向きから避難方向を考える必要がある(複数の広域避難場所を日頃から確認)
  • 避難はできるだけ幅員の広い道路で(落下物被害、逃げまどい防止)
  • より迅速かつ円滑に非難するため徒歩で避難(道路閉塞や交通渋滞を考慮)
  • 延焼火災は津波と違い、揺れと同時には発生しない(出火後は消火活動に努めつつも、逃げ遅れることのないようにする)

(注)避難にあたっては行政界にとらわれることなく、より安全と考える避難行動が必要です。

津波

竜巻

火山噴火

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る