現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン接種後の症状に係る相談窓口


ここから本文です。

子宮頸がん予防ワクチン接種後の症状に係る相談窓口

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1040978  更新日  令和2年11月2日

接種後の症状に係る相談窓口

神奈川県によるHPVワクチン相談窓口

受付時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
(ただし、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く。)

医療や国への医療費請求など総合的なご相談は
健康医療局医療危機対策本部室 電話番号 045-210-4791(直通)

学校生活や学習についてのご相談は
教育局高校教育課 電話番号 045-210-8260(直通)

痛みの診療について

子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応について、被接種者とそのご家族に対して適切な医療を提供するための診療体制が整ったことから、厚生労働省の研究班が、別添のとおり「子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について」及び「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について」を公表しました。
なお、専門の医療機関を受診する場合は、紹介状が必要になります。子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みやしびれが持続している方は、接種を受けた医療機関へご相談ください。

健康被害救済制度について

予防接種の副反応による健康被害に対し、医療費などが給付される場合があります。

平成25年4月1日以降に接種した方(定期接種の方)

定期接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障がいを残すなどの健康被害が生じたりした場合、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

平成25年3月31日以前に接種した方(任意接種の方)

予防接種法に基づかない接種(任意接種)として取り扱われるので、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法(PМDA)に基づく救済を受けることができます。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PМDA)の健康被害救済相談窓口
電話番号 0120-149-931(フリーダイヤル)
受付時間 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時から午後5時
(注)IP電話等の方でフリーダイヤルがご利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)をご利用ください。

なお、最新の情報は下記のリンク先をご確認ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課 こども健康・予防接種担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3331 ファクス:0467-38-3332

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る