現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 予防接種 > 茅ヶ崎市第5期風しん予防接種について


ここから本文です。

茅ヶ崎市第5期風しん予防接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034082  更新日  令和1年10月18日

平成31年度のお知らせ

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、これまで公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。

そのため、平成34年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、全国で原則無料で抗体検査・予防接種が実施されます。

(注)平成で表記された改元日以降の日付は、改元後、令和で表記された日付に読み替えてください。

風しんについて

風しんとは、風しんウイルスによっておこる、急性の発疹性感染症です。

大人が風しんにかかると、発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことがよくみられます。一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。また、脳炎、血小板減少性紫斑病、溶血性貧血などの軽視できない合併症をまれにおこすことがあります。

また、免疫のない女性が妊娠中に感染すると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障を主な症状とする「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

予防接種と日頃の感染予防に努め、風しんの拡散防止と先天性風しん症候群の発生を防止しましょう。

接種を受ける前の一般的注意

  1. 接種日当日でも体調が悪いようでしたら、その日の接種は見合わせるようにしましょう。
  2. 予診票は、接種医師にとって大切な情報となります。責任をもって記入しましょう。

助成の概要

  1. 対象者
    茅ヶ崎市に住民登録を有し、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性で、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方。
    (注)平成26年4月以降に抗体検査で陰性であった記録がある方は定期予防接種の対象となります。接種の際は、抗体検査の結果をご持参ください。
  2. 実施期間
    平成31年4月1日から平成34年3月31日まで
  3. 助成するワクチンの種類及び接種回数
    麻しん風しん混合(MR)ワクチン1回分
    (注)風しんと併せて麻しんも予防できるワクチンです。
  4. 接種方法
    (1)定期接種の対象者にクーポン券が届きます。
    (2)クーポン券を使用し、抗体検査を受けます。抗体検査の結果が陰性であった方が、定期の予防接種の対象者です。
    (注)抗体検査結果が陰性であるとは、「風しん第5期の定期接種の対象となる抗体価基準」を満たすものをいいます。
    (注)抗体検査について、詳しくは下記のリンクからご確認ください。
    (3)クーポン券と抗体検査の陰性の結果を医療機関へ持参し、予防接種を受けてください。

    (注)茅ヶ崎市では、5月末に対象者に対してクーポン券を一斉送付いたしました。
    転入された方、クーポン券を紛失してしまった方は、茅ヶ崎市保健所健康増進課にお電話又は窓口にてお申込みください。電話0467-38-3331

第5期風しん予防接種 実施機関一覧

厚生労働省のホームページにてご確認ください。
市内実施機関については、下記の市内第5期風しん実施機関一覧をご確認ください。

医療機関・健診機関向け情報

医療機関・健診機関の関係者の方は下記リンクをご確認ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課 こども健康・予防接種担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3331 ファクス:0467-38-3332

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る