現在の位置:  トップページ > くらし > 税金 > 固定資産税/都市計画税 > 未登記家屋の所有者について


ここから本文です。

未登記家屋の所有者について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1003757  更新日  令和1年12月18日

未登記家屋の所有者が変更された場合

相続や売買などにより、未登記(登記をしていない)家屋の所有者が変更となった場合、「未登記家屋の名義変更に関する申出書」を市役所資産税課にご提出ください。
12月31日までに届け出された場合、翌年度から名義変更します。必要な書類は、次のとおりです。

【相続の場合の必要書類】
  1. 未登記家屋の名義変更に関する申出書(原本)
    申出書の書式と記入方法は、このページからダウンロードが可能です。
  2. 遺産分割協議書(写しでも可)
    遺産分割協議書がない場合は、相続の内容がわかる書類(実印が押されたもの。遺言書や相続同意書など)が必要です。
  3. 戸籍謄本または法定相続情報一覧図(写しでも可)
    戸籍謄本は、旧所有者の死亡の記載のあるもの。ただし、遺産分割協議書がない場合は、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本と、新・旧所有者の関係がわかる戸籍謄本も必要です。
    なお、戸籍謄本でなく、法務局で発行する法定相続情報一覧図でも結構です。
  4. 新所有者の印鑑登録証明書(写しでも可)
    「未登記家屋の名義変更に関する申出書」と同じ印鑑か確認します。複数名での共有となる場合は、全員の印鑑登録証明書が必要です。

 

 

【売買・贈与の場合の必要書類】
  1. 未登記家屋の名義変更に関する申出書(原本)
    申出書の書式と記入方法は、このページからダウンロードが可能です。
  2. 売買(贈与)契約書(写しでも可)
  3. 新・旧所有者双方の印鑑登録証明書(写しでも可)
    「未登記家屋の名義変更に関する申出書」と同じ印鑑か確認します。複数名での共有の場合は、全員の印鑑登録証明書が必要です。

 

 

申出書の書式は、ご希望があればお送りしますので、資産税課までご連絡ください。
なお、未登記家屋を12月31日までに登記済みの場合、または取り壊した場合などは、その旨を資産税課までご連絡いただければ、「未登記家屋の名義変更に関する申出書」の提出は不要です。

未登記家屋を新築した場合

未登記家屋を新築した場合には、所有者確認のため「未登記家屋の所有者に関する申出書」を提出してください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 資産税課 家屋評価担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る