現在の位置:  トップページ > 事業者の方へ > 商工業・雇用 > 資金繰り支援


ここから本文です。

資金繰り支援

資金繰り支援

資金繰り・金融支援

前向きな投資を実行したいとき、景気変動の影響で運転資金を確保したいとき、新たに創業資金を調達したいとき…といった様々な資金ニーズに対応した融資制度が用意されています。

茅ヶ崎市中小企業融資制度

茅ヶ崎市が市内の金融機関と連携して独自の制度融資を実施しています。市内で1年以上事業を行っている中小企業者が対象で、融資に伴う各種支出に対する補助制度も適用されます。

用途に合わせた3つの資金メニュー

運転・設備投資に活用できる振興資金、売上減少時に活用できる経営安定資金、少額短期融資の小口資金がご利用いただけます。

信用保証料と支払い利子に対して補助金が給付されます。

借入時に信用保証協会へ支払う信用保証料の一部(最大25万円)が補助されます。また、返済時に支払った利子額の一部が最長3年間補助されます。

セーフティネット保証・危機関連保証

景気の低迷などにより経営の安定に支障を来たしている中小企業者の金融の円滑化を図るための保証制度です。市で証明書を取得することで、信用保証枠の拡充が受けられるだけでなく特定の融資制度の利用が可能になる場合があります。

神奈川県中小企業融資制度

神奈川県が県内の金融機関と連携して独自の制度融資を実施しています。

 

茅ヶ崎市の補助金対象の資金メニュー

  • 小規模クイック融資:創業予定または創業後5年以内の事業者向け融資(限度額3500万円)
  • 小口零細企業保証資金:従業員数20人以下の小規模企業者向け融資(限度額2000万円)
  • 創業支援融資:従業員数30人以下の中小企業者向け融資(限度額4000万円)

以上のメニューをご利用いただいた場合、市からの補助金が適用になり、借入時に支払った信用保証料の一部(最大25万円)が補助されます。

新型コロナウイルス対策特別融資

新型コロナウイルス感染症の影響で売上が一定以上下がっている場合、低利かつ低保証率での借入ができます。利用には茅ヶ崎が発行する各種セーフティネット保証の認定書が必要になります。

日本政策金融公庫の融資

政府系金融機関である日本政策金融公庫が中小企業者向け貸付を行います。創業融資のほか、新型コロナ特別融資や商工会議所での経営支援を受けた方向けの融資など様々なメニューがあります。

新型コロナウイルス感染症特別貸付

新型コロナウイルス感染症の影響で売上が5%以上下がっている場合、低利かつ3年間の利子補給が適用される「実質無利子」での借入ができます。

小規模事業者経営改善資金融資(マル経融資)

商工会議所の経営支援を一定期間(原則6か月以上)受けた事業者が利用できる無担保・無保証・低利子(基準金利1.21%)の融資制度です。新型コロナの影響で売上が5%以上下がっている場合に利用できる金利優遇型(借入後3年間の金利0.31%)のマル経融資も実施されています。

新創業融資制度

創業予定の方や税務申告を2期終えていない方などの創業者に向けて、無担保・無保証の融資を実行しています。

各種共済制度・金融支援窓口のご案内

融資以外にも事業者の経営基盤や経営者の生活を守る共済制度が多く実施されています。加入することで事業の安全性を高めるとともに、節税にもつながります。また、金融制度については各種支援窓口もご利用いただけます。事業特性やニーズに合わせて最適な資金繰りをご検討ください!



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る