請負代金内訳書における法定福利費について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1046223  更新日  令和4年1月18日

請負代金内訳書における法定福利費について

 本市では、国土交通省の要請に従い、公平で健全な競争環境を構築し、建設業の担い手を育成確保するため、法定福利費の適切な支払いのための取組として、工事請負契約後に法定福利費を明示した請負代金内訳書の提出が必要となっています。

 請負代金内訳書に記載する法定福利費の算出に当たっては、各専門工事業団体が作成した標準見積書に沿って作成された法定福利費を内訳明示した下請企業の見積りの活用等の方法により適正に見積もることが必要であり、国土交通省の作成したマニュアル(法定福利費を内訳明示した見積書の作成手順)に準拠するなどにより適切に算出してください。なお、記載された法定福利費の工事価格に対する割合が著しく低い場合には算出根拠を求めることがあります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 契約検査課 工事担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム