ここから本文です。

離乳食を始める目安は?準備は?

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004566  更新日  令和2年3月18日

離乳食を始めましょう

 離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした状態(ポタージュ状)の食べ物を初めて与えた時をいいます。
開始の時期は、5~6か月頃が1つの目安ですが、その他に赤ちゃんの発達の状況も大切です。発達には個人差がありますので赤ちゃんの様子を観察しましょう。

赤ちゃんにこんな様子が見られたら・・・

  1. 首のすわりがしっかりしている。
  2. 支えてあげると座れる。
    (膝の上にのせてあげたりすると座っていられる)
  3. 食べ物に興味を示す。よだれがたくさん出てくる。
    (他の人が食事をしている様子を見ながら、食べ物を目で追ったり、手を口に運んだりする。)
  4. スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる。

離乳食開始前の準備について・・・

[ 離乳食の開始前に乳汁以外の味に慣れさせた方がいいの?]

この時期の赤ちゃんにとって、一番大切な栄養源は乳汁(母乳や育児用ミルク)です。離乳食の開始前に果汁などの甘みの強いものを与えることで、乳汁の量が減って発育に必要な栄養素が不足してしまうこともあります。(あげる場合は、2~3倍に薄めた物を少量、スプーンであげるようにしましょう。同じく甘みのあるイオン飲料にも注意が必要です。)また、離乳食の開始時は、調味料を使わず食品そのものの味を体験していきますので、乳汁以外の味に慣らすことは離乳食を開始してからで大丈夫です。

[ 離乳食の開始前にスプーンに慣れさせた方がいいの?]

赤ちゃんは5~7か月頃にかけて徐々にスプーン等を口に入れても舌で押し出す反射が消えてきますので、スプーンの使用は離乳食を開始してからで大丈夫です。
 いきなりスタートしてもスプーンを受け入れてくれるかしら?と心配な場合は、1、2日前に湯冷ましや麦茶で試してみるのも良いでしょう。

 

教室のご案内

「そろそろ離乳食を始めようかな?でも、ちょっと心配」と思ったら、『離乳食講習会』(4~6か月児(第1子優先)にご参加してみてください。
離乳食の開始から2回食への進め方までを、講話と離乳食の試食をまじえながら確認していただけます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課 こども健康・予防接種担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3331 ファクス:0467-38-3332

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る