現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > 計画・資料 > 茅ヶ崎市環境事業センター粗大ごみ処理施設整備・運営事業について


ここから本文です。

茅ヶ崎市環境事業センター粗大ごみ処理施設整備・運営事業について

 本市では、環境事業センター粗大ごみ処理施設にて、本市および隣接する寒川町で発生する大型ごみ(特定大型ごみ、特別大型ごみ、特定粗大ごみ含む)及び燃やせないごみ(不燃ごみ)、不法投棄物を受入れて処理しています。

 既存施設は、昭和52年度に稼働開始後、約40年が経過しており、定期的な保守点検と補修を行うことで適正な施設の維持管理に努めてきましたが、機械設備は耐用年数を大きく経過し、長期稼働に伴う老朽化が進行しています。

 また、稼働開始後の各種リサイクル法の施行に伴い家電リサイクル法指定品目、小型家電等が処理対象外になったこと等により、施設建設時と比較して処理対象物の量及び組成が大きく変化しています。

 こうした状況を踏まえ、今後も適正な処理を継続していくためには、新たな施設の整備が必要な時期にきていることから、本市では新たに整備する粗大ごみ処理施設の施設整備に向けて、処理対象ごみの処理条件、立地条件等の基本条件を整理し、安全・衛生対策、災害対策、環境保全計画、施設運営計画、財源計画等を踏まえ、平成28年7月に「粗大ごみ処理施設整備基本構想」、平成30年3月に「粗大ごみ処理施設整備基本計画」を策定したところです。

 これらの構想・計画に基づき、現在、旧ごみ焼却処理施設を解体し、その跡地に新粗大ごみ処理施設を建設する、環境事業センター粗大ごみ処理施設整備・運営事業を進めています。

これまでの経過

このページに関するお問い合わせ

環境部 資源循環課 資源循環担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る