現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 茅ヶ崎市文化資料館 > 過去の展示会 > 特別展「明治大正昭和 茅ヶ崎くらしの博覧会」


ここから本文です。

特別展「明治大正昭和 茅ヶ崎くらしの博覧会」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1005671  更新日  平成30年4月6日

特別展「明治大正昭和 茅ヶ崎くらしの博覧会」

地震や計画停電等もあり閉館せざるを得なかった期間もあり、来館する機会を逃してしまった方も多いかと思います。また、本展をより多くの皆様にご観覧いただきたく、会期を延長することといたしました。

皆さまのご来館をお待ちしております。

 

【会期】 2011年2月26日(土曜日) ~ 3月27日(日曜日) 5月8日(日曜日) 

【開館時間】 9時~16時

【休 館 日】  2月28日(月曜日)、3月7日(月曜日)、14日(月曜日)、22日(火曜日)、29日(月曜日)、4月4日(月曜日)、11日(月曜日)、12日(月曜日)、19日(月曜日)、26日(月曜日)、5月6日(金曜日)

【観 覧 料】 無料


 文化資料館が収蔵している資料は、ただ単に「珍しい」とか、「貴重」、「懐かしい」というだけでなく、茅ヶ崎のくらしを記録した重要な「宝もの」です。「宝もの」の一つ一つが、人々の生活の営みと時代を映し出す象徴であり、まちのかけがえのない文化財です。

 昭和が平成になり、すでに22年が経過しました。時代の流れる速度が加速度を増しているように感じる今日、過去そして現在を記録、保存することは重要視されつつあります。過去だけでなく、当たり前のように過ぎていく現在のことを遺していくことで、次世代に茅ヶ崎を伝えることができるようになります。また「宝もの」である資料を通じて、過去と現在、そして未来をつなぐことが可能となります。
 
 今回の特別展では、「くらしの博覧会」と題し、文化資料館がこれまで収集してきました「宝もの」のうち、 これまで未公開だった明治時代の自転車や、旧松籟荘のステンドグラスなど、茅ヶ崎を語るに欠かせない貴重なくらしの資料を展示します。まちの宝ものを通じて、茅ヶ崎というまちの魅力を発見していただければと思います。

 

六曲屏風

旧家の磁器

オーディナリー型自転車

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化資料館
〒253-0055 茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18号
電話:0467-85-1733 ファクス:0467-85-1733
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る