脱・公務員試験とは?

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1038221  更新日  令和4年1月25日

脱・公務員試験!

茅ヶ崎市では従来の”いわゆる公務員試験”を廃止し、人物重視の独自の採用試験である「脱・公務員試験!」を行っています。

「勉強する時間がないから、筆記試験で合格できる自信がない…」という理由だけで”公務員”という選択肢を捨てるのではなく、一度茅ヶ崎市職員としている姿を想像してみてください。「茅ヶ崎が好き」「茅ヶ崎をこうしたい」という強い思いを持っている方は、ぜひ「脱・公務員試験」にチャレンジしてください!

「脱・公務員試験」とは?

脱・公務員試験

公務員になるためには、1次試験で”教養試験”と”専門試験”を受験し、合格した人が2次試験以降の面接などに進み、最終合格した人が採用候補者名簿に登載されるというのが一般的です。

茅ヶ崎市の「脱・公務員試験」ではできる限り多くの方と直接お会いして、「やる気」「コミュニケーション能力」などを確認させていただいています。筆記試験では”必要最低限の学力”は確認させていただきますが、それは民間企業の就職活動で必要な学力と同程度です。

試験内容

  • 第1次試験はエントリーシートのみ
    茅ヶ崎市に対する思いなど出題された内容について書いていただきます。
  • 面接重視
    試験は面接中心です。集団面接と個人面接あわせて3回実施を予定しています。
  • 筆記試験は適性検査を実施
    筆記試験は、就職活動で受けることの多い「適性検査」となっており、公務員になるための特別な勉強は必要ありません。
    (注)公務員として働く上で必要な知識は、入庁後の研修などでしっかり身につけることができます。
試験フロー

第1次試験

エントリーシート
第2次試験 集団面接
第3次試験 個人面接、適性検査
第4次試験 個人面接

「脱・公務員試験」を導入した背景とは?

市をより良くしていくためには、市民の方々と対話をしながら一緒に考え、合意を得ながら仕事をすることが必要不可欠です。さまざまな行政ニーズを市民の方の立場で考え、行動することが大切です。

そこで、特別な対策(勉強)をしなければ解けないような筆記試験を廃止し、「やりたいことがあり、その実現に向け、自分なりに考え行動できる人かどうか」を重視した「脱・公務員試験」を導入しました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 職員課 人財育成担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム