政策提案書No.4 茅ヶ崎ゴルフ場跡地を茅ヶ崎市営「茅ヶ崎パブリックゴルフ場公園(仮称)」として存続させる。

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1012524  更新日  令和3年4月16日

処理区分
結果公表中
提案の名称

茅ヶ崎ゴルフ場跡地を茅ヶ崎市営茅ヶ崎パブリックゴルフ場公園(仮称)として存続させる。

受付番号
No.4
受理日
平成27年3月24日(火曜日)
概要

平成29年4月1日以降、茅ヶ崎ゴルフ場が閉鎖された後の活用を、次のとおり二段階に分けて行うことを提案する。

1.「茅ヶ崎パブリックゴルフ場公園」として、年間5千万円の費用負担により、3年間、市営にて運営を行う。
 市民誰もが交流、健康増進の場として気軽に利用し親しめる市民の、市民による、市民のためのゴルフ場公園とすることを目的として、レストランやクラブハウスの有効活用やイベントの企画などによって集客力を高めながら、市民が中心となって経営を行う。

2.1の運用開始から1年半経過時点にて、運営実績を負担額と市民交流の観点で評価し、成果が出ていれば3年間の運営終了後も1の形態を継続する。成果が認められない場合で、さらに今後の成果が期待できない場合は、閉鎖を前提とした跡地利用を検討する。検討においては、「広域避難場所」「みどりの保全」を前提とし、市民参加の手法を取りながら検討して3年間の運用終了後に速やかに跡地利用が開始できるように計画策定を目指す。

政策提案書
提案書添付書類

処理状況

平成27年3月24日 受理
3月31日 市民参加協働調整会議政策提案調整部会にて審議
5月7日 市民参加協働調整会議政策提案調整部会にて再審議
5月20日 市民参加協働調整会議にて審議
以下の市の考え方に記載のとおり困難性があることから、実行不可とし、提案は一部参考とさせていだくこととしました。

ご提案に対する市の考え方

 ご提案いただいた政策提案書、営業損益計算書に基づき、必要となる経費についての試算を含め、政策の実施に係る検討を行いましたが、次の理由から実行は困難であると判断しました。

  1. ご提案いただいた支出に加え、水光熱費や管理費、保守費等多額の支出が想定され、市の運営や維持管理等に対する負担5千万円にはとどまらないものと試算されること。
  2. 現在本市では(仮称)柳島スポーツ公園の整備やしおさい公園の移管に向けた取組みなど、他のスポーツ施策を実施しており、主たる利用をゴルフ場とするスポーツ施策を新たに実施することは困難であること。

ただし、当該地における、広域避難場所の機能や緑の保全については、優先すべき機能であると捉えていることから、これらに配慮した協議を進めてまいります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民自治推進課 協働推進担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム