現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 指定文化財一覧 > 民俗資料館(旧和田家)


ここから本文です。

民俗資料館(旧和田家)

ページ番号 C1006285  更新日  平成26年10月20日

民俗資料館(旧和田家)

指定年月日
昭和57年7月20日
区分
市指定重要文化財
所在地
堤3882ほか

 

 

昭和57年4月に市に寄贈された。
昭和59年11月より浄見寺の山門北側に移築復元を始め、昭和60年4月竣工、同月より一般公開を行っている。
この古民家は、改造が少なく、江戸時代末期の大型民家の姿をよく留めており、建物の主材にはケヤキが用いられている。
和田家に伝わる古文書から、同家11代目当主清右衛門(寄贈者の4代前)によって、建築にかかる3年前より材木を購入して準備が開始された。
嘉永7年(1854年)から、安政2年(1855年)にかけて建てられたことがわかっている。
また解体作業中に「安政二年三月」と墨書きされた棟札が発見されている。
建築面積は224平方メートル。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る