現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 指定文化財一覧 > 重要文化財「宝生寺の銅造阿弥陀三尊立像」


ここから本文です。

重要文化財「宝生寺の銅造阿弥陀三尊立像」

ページ番号 C1006257  更新日  平成30年1月11日

宝生寺の銅造阿弥陀三尊立像

指定年月日
昭和34年6月27日
区分
国指定重要文化財
所在地
西久保546宝生寺蔵

善光寺式の阿弥陀如来立像(高さ58.3センチ)で、観音、勢至の両脇侍をそなえている。
鎌倉期の作とされる優品である。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る