現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 指定文化財一覧 > 重要文化財「上正寺の木造聖徳太子立像」


ここから本文です。

重要文化財「上正寺の木造聖徳太子立像」

ページ番号 C1006278  更新日  平成30年1月16日

上正寺の木造聖徳太子立像

指定年月日
昭和49年1月23日
区分
市指定重要文化財
所在地
小和田2-12-73上正寺蔵

この像は、聖徳太子が2歳の時に、東を向いて「南無仏」と唱えると、手の中から舎利(釈迦の遺骨)がこぼれたという話をモデルにしたもので、室町時代後期から、江戸時代初期頃の作と考えられている。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る