現在の位置:  トップページ > 事業者の方へ > 商工業・計量・雇用 > 労政雇用情報 > 新型コロナウイルス感染症の影響による労働相談等の支援について


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響による労働相談等の支援について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1038268  更新日  令和2年3月18日

新型コロナウイルス感染症の影響による労働者の休業等について

国では、労働者が安心して働くことができる環境整備のための下記の支援策があります。

(1) 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(新たな助成金制度の創設)
(2) 雇用調整助成金の特例措置の拡大
(3) 時間外労働等改善助成金 (テレワークコース、職場意識改善コース) の特例

 

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金(申請期間:3月18日~6月30日)

国では、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者を支援するため、正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度および個人で業務委託契約等で仕事をされている方向けの新たな支援金制度を創設しました。
 

  • 3月18日から申請が開始しました。
  • この助成金は、国から企業に対する助成金です。労働者個人が申請するものではありません。

 

リーフレット

(1)支給要件や具体的な手続きについて

下記厚生労働省のホームページにてご確認ください。

 

(2)お問い合わせ先

学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター

電話:0120-60-3999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

 

(3)申請書の提出先関東地区(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

学校等休業助成金・支援金受付センター(厚生労働省の委託事業者)

〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2 6階662執務室

 

雇用調整助成金の特例措置の拡大

雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るた
めの休業手当に要した費用を助成する制度です 。

 

雇用調整助成金に関する相談等

  • 開設場所:神奈川労働局 神奈川助成金センター(横浜市中区尾上町5-77-2 馬車道ウエストビル5階)
  • 電話番号:045-277-8815
  • 開設時間:8時30分~17時15分 (月~金 (注)祝日を除く)

時間外労働等改善助成金(テレワークコース、職場意識改善コースの特例)

新型コロナウイルスの感染症対策として、テレワークの新規導入や特別休暇の規定整備を行った、中小企業事業主を助成するために、要件を簡素化した特例コースを設けました 。(実施期間:令和2年2月 17 日~令和2年5月 31 日)

 

労働相談窓口

新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口(神奈川労働局)

解雇、休業等に関する相談

  • 開設場所:神奈川労働局 雇用環境・均等部 指導課総合労働相談コーナー(横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎13階)
  • 電話番号:045-211-7358
  • 開設時間:8時30分~17時15分 (月~金 (注)祝日を除く)

Q&A

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

経済部 雇用労働課 雇用労働担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る