現在の位置:  トップページ > 防災 > 防災マップ > 茅ヶ崎市洪水・土砂災害ハザードマップ


ここから本文です。

茅ヶ崎市洪水・土砂災害ハザードマップ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1043927  更新日  令和3年7月9日

7月6日(火曜日)より順次全世帯に配布を開始しています。なお、配布完了は7月末頃を予定しています。
7月28日(水曜日)までにハザードマップとガイドBOOKが届いていない方は、0120-311-339(9~17時)までお問い合わせください。(受付は8月13日(金曜日)まで)

 令和3年度に茅ヶ崎市洪水・土砂災害ハザードマップを更新しました。
 表面には、「洪水・土砂災害ハザードマップ」として、相模川と小出川、千ノ川、駒寄川、目久尻川の浸水想定図等と、土砂災害特別警戒区域等を重ね合わせた図を掲載し、裏面には、内水ハザードマップ等を掲載しています。
 また、ハザードマップの更新とあわせて、ハザードマップの見方や、台風や大雨による洪水や土砂災害に対する備えや避難に関する情報についてまとめた「風水害からあなたと大切な人の命を守るガイドBOOK」を作成しました。
 これらを活用し、まずは災害リスクを把握して、日ごろからご家族や地域の方と話し合い、災害に備えましょう。

PDF版

(注)低解像度のPDFおよび画像版は現在準備中です。令和3年7月下旬公開予定

風水害からあなたと大切な人の命を守るガイドBOOK

想定し得る最大規模降雨(想定最大規模降雨)とは

 河川の洪水対策は、これまで河川の洪水防御に関する基本となる降雨を前提としていましたが、近年の風水害を受け、「堤防などの施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生するもの」との考えのもと、「想定される最大規模の降雨」が設定されています。年超過確率は1/1000程度の降雨量を上回るものであり、河川ごとの想定雨量は次のとおりです。

想定雨量(想定最大規模)

  • 相模川:567mm/48時間
  • 小出川、千ノ川、駒寄川:354mm/24時間
  • 目久尻川:398mm/24時間

土砂災害特別警戒区域等の確認の方法

 県では、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」に基づいて基礎調査を行い、指定し告示をした区域の法定図書を公表しています。
 指定された区域の詳細をご覧になりたい方は、次のページをご覧ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る