現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 食品衛生 > 食中毒の予防について > 食中毒を予防するためには


ここから本文です。

食中毒を予防するためには

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1023023  更新日  平成29年4月1日

食中毒を防ぐ3つの約束

つけない

  • 正しい手洗いを行いましょう。

「手洗いを行うタイミング」

  1. 調理を始める前
  2. 生の肉や魚、卵等を取り扱う前後調理の途中で、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後
  3. おむつを交換したり、動物に触れたりした後
  4. 食卓につく前
  5. 残った食品を扱う前
  • 手指に傷がある場合や、下痢等で体調不良の場合は、調理行為は避けましょう。
  • 調理器具は洗浄・消毒を行い、清潔にしましょう。

ふやさない

  • 低温で保存しましょう。
  • 手際よい調理に努めましょう。
  • 出来上がった料理は早いうちに食べましょう。
  • 食材、調理品とも常温で長時間放置しないようにしましょう。
  • 食品の冷蔵は10℃以下、冷凍は-15℃以下で保存しましょう。
  • 食べ残したものは思い切って捨てましょう。

やっつける

  • 食品の加熱は、中心部を75℃で1分以上しましょう。

ノロウイルス食中毒を防ぐために

持ち込まない

  • 健康状態の把握・管理に努めましょう。

ひろげない

  • 正しい手洗いを行いましょう。
  • 定期的な消毒、清掃を行いましょう。

やっつける

  • 食品の加熱は、中心部を85~90℃で90秒以上行いましょう。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 衛生課 食品衛生担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3316 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る