神奈川県の現在の気候と将来予測

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1044646  更新日  令和4年2月8日

地球温暖化は、気温の上昇や降水量の変化など様々な気候の変化を引き起こします。以下では、気温や降水量等について、神奈川県におけるこれまでの変化と将来の予測に関する情報をまとめました。

年平均気温

現在までの変化

グラフは過去の年平均気温の経年変化を表しています。
100年当たり2.0℃の割合で上昇しています。

年平均気温の経年変化のグラフ

将来予測

神奈川県では年平均気温が100年で約4℃上昇することが予測されています。

年平均気温の将来予測のグラフ

猛暑日の日数

現在までの変化

グラフは日最高気温35℃以上(猛暑日)の年間日数の経年変化を表しています。
長期変化傾向としては、日数は増加しています。

日最高気温35℃以上(猛暑日)の年間日数の経年変化のグラフ

将来予測

横浜市では猛暑日が約100年で約40日増加することが予測されています。

猛暑日の将来予測のグラフ

年降水量

現在までの変化

グラフは過去の年降水量の経年変化を表しています。
長期変化傾向としては、変化傾向は見られません。

過去の年降水量の経年変化のグラフ

将来予測

神奈川県では滝のように降る雨の発生が約100年で2倍になることが予測されています。また、降水のない日も増加することも予測されています。

滝のように降る雨の将来予測のグラフ

無降水日の将来予測のグラフ

現状の出典:気候変動適応情報プラットフォーム
将来予測の出典:神奈川県の21世紀末の気候
二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減対策が今後ほとんど進まず、地球温暖化が最も進行する場合を想定して21世紀末の神奈川県の気候を予測した結果を掲載しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 温暖化対策担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム