現在の位置:  トップページ > くらし > 戸籍・住所・印鑑登録等 > 小出支所の案内 > 小出のあれこれ > 小出地区の地形と字名


ここから本文です。

小出地区の地形と字名

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1009828  更新日  平成26年10月20日

 茅ヶ崎市の香川・甘沼・赤羽根以北の小出地区は、洪積台地である相模原台地の末端にあたり、高座丘陵と呼ばれている。

 比較的緩やかな起伏の丘陵を、小出川や支流の駒寄川などが侵食し、谷戸をつくり出している。谷戸の内では、台地や丘陵からの浸透水や湧出水を水源とした水田が、谷戸田と呼ばれ利用されてきた。

 県道藤沢平塚線の走る堤二本松は、丘陵面が南北方向から侵食され、昔から「馬の背」と呼ばれている。

 また、県立茅ヶ崎北陵高校の位置する舌状台地の先端では、「西方貝塚」が発掘され、縄文時代前期には、台地の先端が小出川の河口で、現在は海岸線から4.7キロメートル離れているが、相模湾がここまで入り込んでいたことがわかります。
 これら茅ヶ崎北部の台地部分は、頂部の平坦面といくつもの谷と小出川や駒寄川沿いの平坦部とで、複雑な地形となっている。山と谷のいりくんだ地形が地名にもあらわれている。
 台地にかかわる山・台・原・森などや、谷戸にかかわる谷・沢・久保(窪と同様に窪地をあらわす)や坂などの文字が小出地区の地名に圧倒的に多い。

参考資料:(地図集『大地が語る歴史』茅ヶ崎市史現代第7巻 89頁、158頁 野中和幸 93頁 川城三千雄 平成9年 茅ヶ崎市)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

小出支所
〒253-0008 茅ヶ崎市芹沢888番地
電話:0467-51-0005 ファクス:0467-51-5840
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る