事業者の方のごみ分別について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1041594  更新日  令和3年1月15日

事業系廃棄物の分別について

事業系廃棄物は、事業系一般廃棄物、産業廃棄物に分けられます。さらに、事業系一般廃棄物の中で資源化可能なものについては資源物として分別し、資源化する必要があります。

分別等については次の資料をご覧ください。

事業系一般廃棄物の処理について

事業系一般廃棄物を処理する場合、次の3つの方法があります。

1 一般廃棄物収集運搬業許可業者へ委託
一般廃棄物収集運搬業許可業者(茅ヶ崎市から廃棄物の収集運搬の許可を受けている業者)と契約し、事業系一般廃棄物の収集・運搬を委託することを指します。

2 市の処理施設へ自己搬入
排出事業者が事業系一般廃棄物を市の処理施設へ直接持ち込むことを自己搬入と言います。茅ヶ崎市では、事業系一般廃棄物を自己搬入する場合、事業系一般廃棄物の重量10キログラムにつき240円を手数料として徴収しています。

3 指定されたごみ集積場所へ排出
市の一般廃棄物の処理に支障が生じない範囲内で、一般廃棄物と合わせて処理することが必要と認める事業系一般廃棄物であれば、排出することが可能です。
ごみ集積場所に排出された事業系一般廃棄物については、事業系一般廃棄物の排出量調査((注))の結果に基づき、排出量が日量10キログラム以上の事業者に対して、1キログラムにつき、25円の一般廃棄物処理手数料を徴収しています。
事業系一般廃棄物をごみ集積場所へ排出することは、排出事業者による自己処理の原則に反することや、ごみ集積場所の利用者とのトラブルの原因にもなることから、排出にあたっては利用者の合意を得るなど、注意が必要です。

(注)事業系一般廃棄物の排出量調査
ごみ集積場所における事業系一般廃棄物(産業廃棄物以外の事業系ごみ)の排出状況を調査します。(令和3年度末に廃止予定)

産業廃棄物の処理について

産業廃棄物の処理については、神奈川県のホームページをご覧ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 資源循環課 資源循環担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム