ここから本文です。

ごみ有料化等の概要(市民向け)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1043100  更新日  令和3年9月17日

ごみ有料化の内容

項目

内容

開始時期
  • 2022(令和4)年4月1日から
排出方法
  • 有料の指定袋を使用し、対象品目を排出
対象品目
  • 燃やせるごみ
  • 燃やせないごみ
対象外品目(無料)
  • 資源物(プラスチック製容器包装類、びん・かん・ペットボトル、廃食用油、金属類(指定8品目)、古紙類、衣類・布類、使用済小型家電(専用の回収ボックスに入るもの)、剪定枝)
  • 落ち葉・草・枝・幹(「燃やせるごみ」に該当するもの)
  • 紙おむつ
  • 家庭用医療器具(ストーマ袋・腹膜透析パック)
  • 乾電池、蛍光管、水銀式体温計
  • ボランティア清掃ごみ(地域清掃及び集積場所の清掃などに伴って排出されるごみ)

(注)対象外品目は、これまでと同様の排出方法となります。 

指定ごみ袋の種類等

大きさ

5リットル

10リットル

20リットル

40リットル

値段 1枚あたり 10円 20円 40円 80円
1セット(10枚) 100円 200円 400円 800円

(注)指定袋は、「燃やせるごみ」「燃やせないごみ」兼用で、10枚1セットでコンビニ・スーパーなどで3月頃から販売します。

制度の詳細は、今後実施予定の各種広報や説明会などで順次お知らせします。

ごみ有料化とあわせて「ごみ処理手数料」を改定します

環境事業センターへ直接持ち込む手数料(直接搬入ごみ処理手数料)

単位

改定前(現在)

改定後(2022年4月1日から)

100キログラム未満 600円 1,400円
100キログラム 1,200円
100キログラム超 1,200円に10キログラム増えるごとに120円加算 1,400円に10キログラム増えるごとに140円加算

(注)環境事業センターの計量は10キログラム単位です。直接持ち込む際には、指定袋を使用する必要はありません。

大型ごみ等をご自宅まで収集に伺う手数料(大型ごみ証紙代金)

品目

改定前(現在)

改定後(2022年4月1日から)

大型ごみ1 点につき 500円 700円
特定大型ごみ1 点につき 1,000円 1,400円
特定粗大ごみ1 点につき 500円 700円

(注)2022年4月1日以降の申し込み分から新料金となります(2022年3月31日までに申し込んだ分は現行料金です)。改定時期が近くなると混雑が予想されますので、計画的なご利用をお願いいたします。なお、購入済みの証紙の返金はできません。

大型ごみ 一辺の長さが50センチメートルを超え2メートル以下のもの
特定大型ごみ 指定品目(ソファー・ドレッサー・本棚・食器棚(サイドボード)・ベッド(マットレスは除く)・脚付きマットレス・テーブル・タンス・チェスト・机・クローゼット・鏡台・こたつ)で、一辺の長さが1メートルを超え2メートル以下のもの
特定粗大ごみ 収集運搬時に危険性があるもの(ガス調理機器・灯油やガスを燃料とする暖房機器・金属性のチェーン・鉄アレイ)

 

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 資源循環課 資源循環担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る