現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 FAQ > 税金(よくあるご質問) > バイク・軽自動車税 > もう使っていない(乗れない)のに税金を払わないといけないですか。


ここから本文です。

バイク・軽自動車税 よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1000143  更新日  平成26年10月20日

質問 もう使っていない(乗れない)のに税金を払わないといけないですか。

回答

軽自動車税は、軽自動車を所有していることに対して課税される税金で、毎年4月1日に登録している方に課税されます。

使用不能で置き放しになっているような場合でも、廃車手続きをしないと軽自動車税は課税され続けます。

また、所有することに対して課税されますので、「しばらく乗るつもりがないが持っていたい」ような場合でも税金は納付していただくことになります。

なお、市役所で手続きができる原付バイク・小型特殊自動車については、郵送で廃車の手続きをすることができます。市役所までお越しいただくことができない場合はご利用ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 収納課 総務担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る