現在の位置:  トップページ > くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 家屋の改修工事に伴う固定資産税の減額について


ここから本文です。

家屋の改修工事に伴う固定資産税の減額について

ページ番号 C1003737  更新日  平成29年9月13日

既存住宅の改修工事を行った住宅は、申告書及び添付書類を提出することにより一定の期間、固定資産税が減額されます。(都市計画税は減額の対象にはなりません。)

熱損失防止(省エネ)改修住宅に伴う固定資産税の減額について

熱損失防止改修工事を行った住宅の固定資産税が3分の1減額されます。(高齢者等居住改修特例と併用できます。)

  • 工事完了時期:平成20年4月1日から平成30年3月31日まで
  • 減額期間:翌年のみ
  • 対象面積:120平方メートルまで

要件(いずれにも該当)

  1. 平成20年1月1日以前に建築された住宅で、平成20年4月1日から平成30年3月31日までに熱損失防止改修工事を施工した住宅(賃貸住宅・耐震改修適合住宅特例の対象となっている住宅は除く)
  2. 次の工事で、補助金などを除く1戸当たりの自己負担金が50万円を超えること(外気などと接するものの工事に限る)
    (1)窓の改修工事(必須事項)
    (2)床の断熱改修工事
    (3)天井の断熱改修工事
    (4)壁の断熱改修工事
  3. 改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上
  4. 居住部分が全体の床面積の2分の1以上

申告に伴う必要書類

  1. 申告書
  2. その部位の改修により、現行の省エネ基準が新たに適合する住宅であることの証明書( 建築士・登録住宅性能評価機関・指定確認検査機関が証明書を発行 )
  3. 熱損失防止改修工事に要した費用の領収書の写し
  4. 平面図

特定熱損失防止改修住宅の固定資産税減額について

特定熱損失防止改修住宅は、固定資産税が3分の2減額されます。特定熱損失防止改修住宅とは、熱損失防止改修工事が行われた結果、認定長期優良住宅に該当することとなった家屋のことです。

申告に伴う必要書類として、前項の4点に加えて、「長期優良住宅認定通知書」の写しをご提出ください。

申告期限

工事完了から3か月以内

高齢者等居住(バリアフリー)改修に伴う固定資産税の減額について

高齢者等居住改修工事を行った住宅の固定資産税が3分の1減額されます。(熱損失防止改修住宅特例と併用できます。)

  • 工事完了時期:平成19年4月1日から平成30年3月31日まで
  • 減額期間:翌年のみ
  • 対象面積:100平方メートルまで

要件(いずれにも該当)

  1. 新築された日から10年以上を経過した住宅で、平成19年4月1日から平成30年3月31日までに高齢者等居住改修工事を施工した住宅(賃貸住宅・耐震改修適合住宅特例の対象となっている住宅は除く)
  2. 次のいずれかの人が居住
    (1) 65歳以上の人(工事完了の年に65歳になる人を含む)
    (2) 要介護認定または要支援認定を受けている人
    (3) 障害のある人
  3. 次の工事で、補助金などを除く1戸当たりの自己負担金が50万円を超えること
    (1)廊下の拡幅
    (2)階段のこう配の緩和
    (3)浴室の改良
    (4)便所の改良
    (5)手すりの取り付け
    (6)床の段差解消
    (7)引き戸への取り替え
    (8)床表面の滑り止め化
  4. 居住部分が全体の床面積の2分の1以上
  5. 改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上

申告に伴う必要書類

  1. 申告書
  2. 工事明細書と写真などの関係書類( 工事内容を示す書類は、建築士、登録住宅性能評価機関などの証明でも可)
  3. 高齢者等居住改修工事に要した費用の領収書の写し
  4. 補助金交付決定通知書などの写し
  5. 介護保険被保険者証または障害者手帳の写し

申告期限

工事完了から3か月以内

耐震改修適合住宅に伴う固定資産税の減額について

耐震改修適合住宅工事を行った住宅の固定資産税が減額されます。

  • 工事完了時期:平成25年1月1日から平成30年3月31日まで

対象面積:120平方メートルまで

要件(いずれにも該当)

  1. 昭和57年1月1日以前に建築された住宅で、平成25年1月1日から平成30年3月31日までに耐震基準に基づく耐震改修適合住宅工事を施工した住宅
  2. 1戸当たりの改修工事費が50万円を超えること

減額される期間及び税額

減額の条件 減額される期間及び税額
耐震改修適合住宅 工事の翌年度のみ、2分の1減額

耐震改修適合住宅で、

通行障害既存耐震不適格建築物であったもの

工事の翌年度と翌々年度に2分の1減額
特定耐震基準適合住宅 工事の翌年度のみ、3分の2減額

特定耐震基準適合住宅で、

通行障害既存耐震不適格建築物であったもの

工事の翌年度は3分の2、翌々年度は2分の1減額

特定耐震基準適合住宅とは、耐震改修工事が行われた結果、認定長期優良住宅に該当することとなった家屋のことです。

申告期限

工事完了から3か月以内

申告に伴う必要書類

  1. 申告書
  2. 改修により、現行の耐震基準に適合した住宅であることの証明書( 市長・建築士・登録住宅性能評価機関・指定確認検査機関が証明書を発行 )
  3. 耐震改修適合住宅工事に要した費用の領収書の写し
  4. (長期優良住宅認定通知書)(注)特定耐震適合住宅の場合のみ

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 資産税課 家屋評価担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る