現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 財政 > 寄附 > 茅ヶ崎市への寄附


ここから本文です。

茅ヶ崎市への寄附

ページ番号 C1008510  更新日  平成29年6月29日

  • 行政サービスの充実や緑地の保全、文化の推進などを目的として、市では各種の積立基金を設けております。
  • 市民の皆様や茅ヶ崎を応援してくださる市外の皆様からの寄附金は、基金の貴重な財源となります。
  • 積立基金には、現在次のようなものがあります。趣旨にご賛同くださる皆様からの寄附を心からお待ち申し上げております。

下記の基金名をクリックしていただくと、それぞれの基金のページに移動いたします。

ふるさと基金(担当は財政課)

次のような地域の特性を生かしたまちづくりに生かしていく事業の財源となります。

  1. 教育・スポーツの振興
  2. 健康・福祉の増進
  3. 産業振興
  4. 環境保全・創造
  5. 安全で快適なまちづくり
  6. 海浜の維持・保全
  7. その他地域の特性を活かしたまちづくり

サザンC

茅ヶ崎の海岸

市民活動推進基金(愛称:市民活動げんき基金)(担当は市民自治推進課)

市民活動団体が行う公益的な事業の財源となります。

市民同士の話し合い

市民によるイベント

姉妹都市交流基金(担当は秘書広報課)

姉妹都市との交流を推進するための事業の財源となります。

公共施設等再編整備基金(担当は施設再編整備課)

公共施設等の再編及び整備を計画的に推進するための財源となります。

文化振興基金(担当は文化生涯学習課)

文化の振興に関する事業や市内にある文化遺産の保全・継承に関する事業の財源となります。

茅ヶ崎市開高健記念館・茅ヶ崎市美術館

社会福祉基金(担当は保健福祉課・社会福祉協議会)

社会福祉協議会が実施する社会福祉事業の財源となります。

太陽光発電設備普及啓発基金(担当は環境政策課)

太陽光発電設備を市が公共施設に設置するときや、事業者、市民活動団体等が事業所や民間施設等に設置するときの事業費の一部として活用します。

市民立太陽光発電所2号機(こどもセンター)

ごみ減量化・資源化基金(担当は資源循環課)

増加するごみの減量化や資源化を促進し、良好な生活環境を保全するための財源となります。

広域リサイクルセンター

緑のまちづくり基金(担当は景観みどり課)

市内に残された貴重な緑地を、市民共有の財産として保全するための財源となります。

松が丘緑地

松浪緑地

その他の寄附(担当は財政課)

上記の基金目的以外に市政全般にわたる事業の財源として、現金や物品、不動産の寄附も受け付けています。財政課まで、ご連絡をお待ちしております。

注意事項

  • 物品、不動産については、お受けできない場合もございますので、その節は、なにとぞご容赦くださるようお願いいたします。

税金に関する寄附金控除について

  • 市など地方公共団体に対する寄附金については、確定申告をすることにより所得税の控除を受けることができます。(寄附をされた方に特別の利益が及ぶ場合を除きます。)

    寄附金控除の控除額の計算方法
    次のいずれか低い方の金額 - 2,000円 = 寄附金控除額
    イ.その年に支出した特定寄附金の合計額
    ロ.その年の総所得金額等の40%相当額
    (注)「総所得金額等」とは、純損失、雑損失、その他各種損失の繰越控除後の総所得金額、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、上場株式等に係る配当所得の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額及び退職所得金額の合計額をいいます。 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 財政課 財政担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る