現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > みどりに関する取り組み > 保存樹林指定制度について


ここから本文です。

保存樹林指定制度について

ページ番号 C1008125  更新日  平成29年6月8日

茅ヶ崎市では、緑豊かなまちづくりを推進するために、一定の基準を満たす樹林地の所有者に対し、保全にまつわる助成を行っています。概要は次のとおりです。

 

よりきめ細かく茅ヶ崎市のみどりを保全するために、平成29年4月1日より指定条件を緩和しました。

指定条件

樹林の指定については次の基準のいずれか該当する樹林地とします。

  1. 樹林の面積が、300平方メートル以上
  2. 樹木が健全で、集団の樹容が美観上特にすぐれている

指定手続き

  1. 保存樹林等指定申請書の提出が必要です。まずはご相談ください。
  2. 現地調査の上、指定決定通知書をお送りします。指定期間は5年間(市の会計年度単位)で、引き続き指定を受ける場合は更新できます。

所有者の義務

  1. 指定を受けた樹林の所有者は、樹林地を適正に管理し、保護育成に努めなければなりません。
  2. 適正な管理とは、枯損防止その他保全に努め、清潔にし、環境上美観を保って下さい。また、境界線を明確にするために柵等を設けて下さい。

助成金について

保存樹林指定期間中毎年度、助成金(固定資産税+都市計画税+奨励金=樹林地面積の相当額)が交付されます。

助成の事務手続きは下記のとおりです。

  1. 保存樹林等奨励補助金交付申請書、同請求書兼口座振替依頼書の用紙を毎年1月初旬に郵送いたします。 (助成金交付手続きは毎年必要です。)
  2. 保存樹林等奨励補助金交付決定通知書を2月から3月頃に送付します。
  3. 助成金は年度末(3月)にご指定の金融機関の口座に入金いたします。(ご指定の金融機関口座は指定申請者と同一名義の口座が原則です。) ご指定の口座は、指定期間中、同じ口座でお願いします。また、指定期間中は解約しないでください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 景観みどり課 みどり担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る