現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 感染症情報


ここから本文です。

感染症情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004588  更新日  令和1年7月12日

茅ヶ崎市保健所管内感染症情報

週報 令和1年第27週(7月1日~7月7日)

【今週の所長の一言】夏休みに海外旅行を計画されている方!!抗体保有が確実でない方は麻疹の予防接種をお願いします!!今年は世界中で麻疹の発生が拡大しており、ヨーロッパ、アジアでは蔓延国が、長く廃絶していたアメリカ大陸でも各国で流行が報告されています。それに伴い日本では海外旅行者による麻疹の持ち込みが急増しています。国民の麻疹の抗体保有率が一定以上であれば持ち込まれても速やかに消褪するのですが、最近感染拡大が看過できなくなっています。要因としては親によるワクチン拒否者がいることなどで想定より抗体保有率が低い可能性があることと、持ち込み増加による感染機会の拡大が挙げられています。感染が命に係わる0歳児などを守るために、国は夏休みの海外渡航者に対し渡航前の予防接種を推奨しました。ご協力を。

茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)においての感染症の発生情報を毎週更新しています。管内での過去5年間の平均、昨年の流行、そして今年の県内と管内の流行状況のグラフ等になります。また、今週の所長の一言として注意すべき感染症等の情報を発信しています。

「定点あたり患者数」とは、患者定点(毎週患者発生状況を報告していただいている協力医療機関のことです。管内には、11か所の内科定点、7か所の小児科定点、2か所の眼科定点、2か所の性感染症定点を定めています。)から報告された患者数の平均値のことです。

例えばインフルエンザで定点あたり患者数“1.00”ということは、定点の医療機関で、1週間に平均1人のインフルエンザの患者が受診したということです。

年齢や季節により、流行が異なります。新しい情報を確認し、日頃の感染症予防にお役立てください。

過去の感染症情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る