現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 感染症情報


ここから本文です。

感染症情報

ページ番号 C1004588  更新日  平成30年8月13日

茅ヶ崎市保健所管内感染症情報

週報 第31週(平成30年7月30日~平成30年8月5日)

【今週の所長の一言】O-157(おーいちごーなな)とは感染すると強い症状をもたらす、大腸菌の一種です。夏季には食中毒の原因菌としても頻度が高くなります。牛の腸管には普通に存在するため牛肉等が汚染されていることも多く、BBQで生焼けで摂食し食中毒という形が典型的です。ただ生育環境が近い等から野菜に付着することも多く“生野菜(最近はスムージーでも)”が食中毒の原因食物となることが半数近い状況です。安全が確保された食材以外は充分に加熱殺菌してから食しましょう。

茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)においての感染症の発生情報を毎週更新しています。管内での過去5年間の平均、昨年の流行、そして今年の県内と管内の流行状況のグラフ等になります。また、今週の所長の一言として注意すべき感染症等の情報を発信しています。

「定点あたり患者数」とは、患者定点(毎週患者発生状況を報告していただいている協力医療機関のことです。管内には、11か所の内科定点、7か所の小児科定点、2か所の眼科定点、2か所の性感染症定点を定めています。)から報告された患者数の平均値のことです。

例えばインフルエンザで定点あたり患者数“1.00”ということは、定点の医療機関で、1週間に平均1人のインフルエンザの患者が受診したということです。

年齢や季節により、流行が異なります。新しい情報を確認し、日頃の感染症予防にお役立てください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3315 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る