現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 感染症情報


ここから本文です。

感染症情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004588  更新日  平成31年4月15日

茅ヶ崎市保健所管内感染症情報

週報 平成31年第14週(4月1日~4月7日)

【今週の所長の一言】ゴールデンウィーク10連休を控え、海外渡航を計画される人は渡航先の感染症及び公衆衛生的レベルに注意する必要があります。食物、水等に起因する感染症は個人がつらい目にあい比較的狭い範囲の迷惑をかけるだけですむことが多いですが、こと麻しん(はしか)や蚊媒介感染症に罹患し日本に持ち込むと、国としての公衆衛生的防衛力を試すことになります。予防接種により抗体を保持することは自身を守るためと同時に国全体での抗体保有率を上げ国民を感染症から防衛する大切な意義があります。
ちなみに昨年5月時点でアメリカは日本を風しん危険国と認定し、妊婦渡航中止を推奨しています。風しんはさらに感染拡大中です。抗体取得をご検討下さい。

茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)においての感染症の発生情報を毎週更新しています。管内での過去5年間の平均、昨年の流行、そして今年の県内と管内の流行状況のグラフ等になります。また、今週の所長の一言として注意すべき感染症等の情報を発信しています。

「定点あたり患者数」とは、患者定点(毎週患者発生状況を報告していただいている協力医療機関のことです。管内には、11か所の内科定点、7か所の小児科定点、2か所の眼科定点、2か所の性感染症定点を定めています。)から報告された患者数の平均値のことです。

例えばインフルエンザで定点あたり患者数“1.00”ということは、定点の医療機関で、1週間に平均1人のインフルエンザの患者が受診したということです。

年齢や季節により、流行が異なります。新しい情報を確認し、日頃の感染症予防にお役立てください。

過去の感染症情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る