現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 70歳になると医療費の自己負担割合が変わると聞いたのですが、どのように変わりますか。


ここから本文です。

国民健康保険 よくある質問

ページ番号 C1000048  更新日  平成26年10月20日

質問 70歳になると医療費の自己負担割合が変わると聞いたのですが、どのように変わりますか。

回答

医療費の自己負担割合は、70歳の誕生日の翌月から(1日が誕生日の場合はその月から)75歳の誕生日の前日まで、収入に応じて、「2割(誕生日が昭和19年4月1日までの人は特例措置により1割)」または「3割」となります。

該当する方には、自己負担割合を示した「国民健康保険高齢受給者証」を適用開始月の前月末に市から送付します。
適用開始月以降に医療機関等で受診されるときは、保険証と「国民健康保険高齢受給者証」を窓口に提示してください。
この「国民健康保険高齢受給者証」は、毎年8月1日に更新します。

(注釈)75歳の誕生日からは、国民健康保険を脱退し、後期高齢者医療制度に加入することになります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1197
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る