現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 都市型エコミュージアム! ちがさき丸ごとふるさと発見博物館 > ちがさき丸ごとふるさと発見博物館 事業の指針


ここから本文です。

ちがさき丸ごとふるさと発見博物館 事業の指針

ページ番号 C1006154  更新日  平成26年10月20日

「ちがさき丸ごと博物館」へようこそ

 ちがさき丸ごとふるさと発見博物館は、市内全域を屋根も壁もない博物館と見立てます。
 そして、地域の文化・歴史・自然など、有形・無形の幾多のまちの宝ものを「都市資源」と呼び、保全・活用し、まち全体を生き生きさせ、まちを愛する人々を増やしていきたいと考えています。
 愛称は「ちがさき丸ごと博物館」。
 市民と行政からなる「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館アクションプロジェクト」で事業を推進しています。
 事業の推進にあたっては、「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館事業の指針」に基づき行動し、「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館」の精神に共鳴する人たちが、それぞれの役割を果たしながら、得意分野や愛するものを生かして活躍・活動ができることを基本としています。

事業の指針

  茅ヶ崎が抱える様々な課題、たとえば地域の連帯意識の希薄化、身近な自然に接する機会の減少、地域と学校との連携、商業や観光業の活性化といった課題が指摘されています。
 「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館事業」は、これらの課題を解決するための一つの施策として、市民の方々など20人からなる検討委員会によって平成15年(2003年)12月から様々な検討を重ねた結果、教育委員会に提言され、市の施策として事業の指針を策定しました。
 この事業は、本市全域を建物のない博物館と見立て、文化、歴史、自然、産業、商業、公共施設、人材等を幅広く抽出し(これらを都市資源と呼ぶことにしました)、調査・研究し、魅力を整理・周知し、相互的に関連づけ、活用を図ることで先に述べた課題を解決につなげ、ひいてはまち全体の活性化を図ろうとするものです。

検討委員会の様子(1)

検討委員会の様子(2)

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る