ここから本文です。

丸ごと宝もの巡り(平成18年度)

ページ番号 C1006167  更新日  平成26年10月20日

 ちがさきの宝ものである「都市資源」を、いろいろなテーマで集めてみました。
 新たな都市資源の掘り起こしや、後世に継承する必要がある都市資源の把握や資料化など保存のための働きは、ちがさき丸ごと博物館の活動の基礎をなすものです。
 ちがさき丸ごと博物館では、そうした市内に点在する都市資源を関連づけ、市民の方が「ふるさとちがさき」を知り、感じることができる学習・見学コースづくりにもつとめていきます。

 ((注釈)紹介している「今回の発見!」の各記事は、平成18年度に広報ちがさきで連載していたものです)。

「今回の発見!」

高砂通り

茅ヶ崎駅南口から海岸まで南北に走る高砂通りについて。

里山散策コース

民俗・自然・考古など多くの都市資源がある里山について。

茅ヶ崎の郷土芸能

茅ヶ崎の郷土芸能について。

茅ヶ崎市文化資料館

茅ヶ崎の小さな博物館「茅ヶ崎市文化資料館」について。

一里塚通り

茅ヶ崎駅北口から国道1号線の一里塚までの一里塚通りについて。

甘沼・殿山を訪ねて

甘沼から殿山の丘陵地の都市資源の散策コースについて。

源氏ゆかりの旧橋脚と神社を訪ねる

国指定史跡・旧相模川橋脚とその関連の都市資源の散策コース。

市内の南東部を訪ねる

鉄砲道や別荘跡など、市内の南東部の都市資源の散策コースについて。

茅ヶ崎の郷土芸能 その2

茅ヶ崎の郷土芸能についての紹介の続編。

自然堤防地にある円蔵・西久保を歩く

円蔵・西久保の自然堤防地の都市資源を散策するコースについて。

大山道(松林・室田・高田)を歩く

大山道の都市資源を散策するコースについて。

藤間家とその周辺(中島・柳島)を歩く

藤間柳庵に関する藤間家の資料や、柳島周辺の都市資源を散策するコース。

行谷地域を歩く

自然と縄文時代から近代の文化が香る行谷地域をめぐる散策コース。

東海道を歩く

茅ヶ崎を東西に走っていた東海道の今に伝える都市資源を散策するコース。

ラチエン通りから海岸へ

かつてドイツ人貿易商ルドルフ・ラチエンの別荘があったラチエン通り周辺の都市資源を散策するコース。

東海道を歩く(その2)

茅ヶ崎を東西に走っていた東海道の今に伝える都市資源を散策するコースの続編。

国指定史跡 旧相模川橋脚

国の指定史跡になっている旧相模川橋脚を紹介。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る