現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 選挙 > 検察審査会制度について


ここから本文です。

検察審査会制度について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1041071  更新日  令和2年11月20日

検察審査会制度をご存じですか?

検察審査会制度とは、検察官が事件を裁判にかけなかったこと(不起訴処分)のよしあしを、選挙権を有する国民の中から「くじ」で選ばれた11人の検察審査員が審査する制度です。

検察審査員・補充員はこうして選ばれます

検察審査員候補者名簿をつくります(前年の秋頃)

各検察審査会ごとに、管内の市町村の選挙管理委員会が「くじ」で選んで作成した名簿に基づき、検察審査員候補者名簿を作成

候補者への通知・質問票の送付

  • 検察審査員候補者名簿に記載されたことの通知(各検察審査会事務局より)
  • 辞退事由に該当しているかどうかなどを尋ねる質問票を送付(各検察審査会事務局より)

名簿の中からくじによる選定

  • 検察審査員、補充員を各5人または6人選出
  • 選出されたことの通知(各検察審査会事務局より)

検察審査員、補充員について

任期

検察審査員、補充員の任期は、次の表のとおりです。任期は6か月で、3か月ごとに半数が入れ替わります。

検察審査員、補充員の任期について
群数

任期(6か月)

第1群[12月選定](各5人)

2月1日から7月31日まで

第2群[3月選定](各6人)

5月1日から10月31日まで

第3群[6月選定](各5人) 8月1日から1月31日まで
第4群[9月選定](各6人)

11月1日から4月30日まで

補充員の役割

検察審査会は、11人の検察審査員によって構成されますが、1人でも欠けると、会議を開き議決することができません。検察審査員がやむを得ず欠席した場合などに、その人に代わって検察審査員の仕事をしていただきます。

茅ヶ崎市の令和2年検察審査員、補充員の割当人数等

検察審査員、補充員となる対象者

令和2年9月1日現在の茅ヶ崎市選挙人名簿登録者(203,954人)

茅ヶ崎市の検察審査員、補充員の割当人数等

横浜第一検察審査会、横浜第二検察審査会、横浜第三検察審査会の管内の市町における選挙人名簿登録者数の按分により割当人数が算出されます。

茅ヶ崎市の検察審査員、補充員候補者の割当人数は次の表のとおりです。

茅ヶ崎市における第一、第二、第三検察審査会の候補者選出の割当人数について

名称

人数
横浜第一検察審査員 13人
横浜第二検察審査員 13人
横浜第三検察審査員 13人

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会事務局 選挙担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る