現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 市民参加の制度について > 市民討議会 > 令和元年度第2回市民討議会


ここから本文です。

令和元年度第2回市民討議会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1036440  更新日  令和1年11月28日

イベントカテゴリ: イベント  ジャンル:その他

開催日
令和1年12月7日(土曜日) 10時から15時45分まで
会場

市役所
4階会議室2~5

内容

【茅ヶ崎市「市民討議会」について】

 市民討議会は、無作為抽出による市民が集まり、少人数のグループに分かれて、まちの課題について話し合い、そこで出された意見を集約してまちづくりに生かしていくものです。メンバーとなる市民を無作為で選ぶ方法は、幅広い層の潜在的な市民の声を市政に反映させていくための新たな市民参加の手法の1つとして注目を集めています。

 討議いただいた内容は、今後市政運営の方向性を検討する際の参考意見として活用させていただきます。
 この取り組みは、文教大学湘南総合研究所と公益社団法人茅ヶ崎青年会議所で構成される茅ヶ崎市「市民討議会」実行委員会と茅ヶ崎市との協働によるものです。

 

【令和元年度第2回茅ヶ崎市「市民討議会」について】
 今年度第2回は、「『ちがさき的!』健康づくりを考える ~これからの生活を楽しむ、私たちのヒント~」をテーマに開催します。


 今回は、2,200人の方に案内を送り、ご承諾いただいた方の中から抽選を実施し参加者を決定します。
 なお、傍聴席も20席程度ご用意する予定で、入退出は自由です。
 

~市民討議会招待状の改良について~
 市民討議会の実施にあたり、例年、市民の皆様からの返信および参加をいただいておりますが、返信率及び参加承諾率が低いことが課題となっています。
 そこで、この度の市民討議会の案内では、行動科学等の知見を用いて招待状の文面を改良し、返信率及び参加承諾率の向上を図る試みを実施しました。
 送付対象の皆様の半数には「従来どおりの招待状」、残り半数には「改良した文面による招待状」をお送りし、招待状改良の効果を検証します。なお、どちらの招待状も記載されている事項の要点は同じです。そのため、いずれの招待状を受け取ったとしても、皆様に何ら不利益はありませんのでご安心ください。
 検証の結果(返信率及び参加承諾率)は、本市民討議会の報告書に掲載させていただきます。その他、学会等で結果を発表する可能性がございます。いずれにおいても、皆様個人が特定されることがない形(全体の集計値)にて公表いたします。
 

主催

茅ヶ崎市

協力

企画・運営 茅ヶ崎市「市民討議会」実行委員会

添付ファイル

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民自治推進課 協働推進担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る