現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > ちがさき環境フェア > ステージイベント


ここから本文です。

ステージイベント

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1003337  更新日  令和1年9月26日

市役所本庁舎1階市民ふれあいプラザのステージでは、様々なイベントが開催されます。みなさんお誘いあわせの上ご覧ください。

スクールエコアクション取組紹介

スクールエコアクション

スクールエコアクションとは、学校生活での環境活動について目標を立てて実行し、振り返りをして次につなげていくシステムです。市内全ての市立小中学校で導入し、省エネ、省資源をはじめ、自然環境や地域特性を活かした特色ある活動を行っています。

今回、取組紹介を行う小学校は香川小学校と梅田小学校です。

児童の日頃の取組はご家庭で簡単に出来るものも多くあります。児童達の取組から、エコのヒントを探してみませんか?

  • 時間:10時から10時15分

また、当日会場には発表校以外の小中学校の取り組みも展示しますので、是非ご覧ください!

教えて!昆虫博士 五箇先生!!~「クワガタムシ」が語る生きもののつながり~

五箇先生

テレビでもおなじみの「五箇公一先生」によるトークショーを開催します。
クワガタムシなどの生きものを通して、生きものの不思議さや、おもしろさについてお話します。話題のヒアリなどの外来生物と私たちの暮らしへの影響についても、ユーモアあふれるトークでお届けします。

時間:10時20分から11時20分

アニメ「私たちの未来」上映会

私たちの未来

地球温暖化が引き起こす生命存亡の危機タイムリミットは2050年

2018年夏――。中学2年の島谷マヒルとクラスメイト5人は、夏休みの自由研究の一環で、地球温暖化の研究において世界的に有名なテラサト大学を訪れる。そこでマヒルたちは地球環境研究の第一人者・熊川教授から、地球創生46億年の中で200年に満たない産業革命以降の現在、地球温暖化が引き起こした地球の生命存亡の危機、そのタイムリミットが迫っていることを知らされる。「でも……悪いのは大人だろ。オレたちは生まれたときからこの環境だったんだ。オレたちは何もしていない!」

クラスメイトの一人がそう叫んだとき、未だかつて経験したことがない暴風雨がマヒルたちの街を破壊し、多くの命が奪われる。崩壊する街を目の当たりにした5人が、共にした決意とは……。 地球温暖化による地球の危機を知った5人の中学生が誓う決意と行動を通じて「未来のために私たちは何を“選択”すべきか?」を問いかける。

時間:11時30分から、14時10分から(各回30分)

お話&ワークショップ「マイクロプラスチック発見体験」~見つけてみよう!海岸砂の中のマイクロプラスチック~

プラごみゼロ宣言

由比ヶ浜でシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられ、胃からプラスチックが発見されたことで問題となったマイクロプラスチック。一体何なの?どんな影響があるの?私たちにできることはあるの?そんな疑問に体験を通してお答えします。

講師:神奈川県環境科学センター調査研究部

時間:13時から14時(12時45分からステージ前で整理券36枚配布)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 環境政策担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る