現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 茅ヶ崎市文化資料館 > ぴじゅうからのお部屋 > ぴじゅうからのお部屋「植物の標本をつくるっぴ2」2020年10月23日


ここから本文です。

ぴじゅうからのお部屋「植物の標本をつくるっぴ2」2020年10月23日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1040958  更新日  令和2年10月27日

「植物の標本をつくるっぴ2」

ぴじゅうからちゃんですぴ。いま、文化資料館の馬谷原(まやはら)さんと植物標本をつくっている所なんだっぴ。


乾燥した植物

(以下、馬:馬谷原、ぴ:ぴじゅうからちゃん)

ぴ)植物の乾燥が終わったから持ってきたっぴ!早くつくるっぴ!

馬)久しぶりだね。うまく乾燥出来たかな。
ぴ)植物から水分を抜く吸い取り紙も交換していたし、かなり頑張ったっぴ!大丈夫だとおもうっぴ!

馬)おぉ、きれいに乾燥できたみたいだね。では、続きを始めよう。
ぴ)ついに標本の形に近づいてくるっぴね!


今回必要なものはこれ!

標本作成に必要なもの

馬)今回の作業で必要なものは、乾燥した植物を貼りつける台紙(A3くらいのケント紙)、合成のり(PVA(ポリビニルアルコール)のり、アラビアのり)、顔料ペン、ラベルだよ。ラベルはおうちでもつくってみてね。

馬)ラベルには、この植物がどのようなものなのかを書き込むんだよ。その際には、顔料ペンや製図ペンという水にも油にも強いペンを使ってね。

馬)ボールペンやマジックで書くと、あとで字が消えてしまうことがあるんだ。
ぴ)ボールペンやマジックが消えることがあるなんて、知らなかったっぴ。

馬)顔料ペンや製図ペンが良いのだけど、なければ鉛筆やシャーペンでもいいよ。


ラベルの書き方

馬)では、ラベルの書き方だね。前回、植物を挟んだ新聞紙の下にも書いたと思うけど、採集した「年月日」、「採集地」、「採集者」を書こう。

ラベルに情報を記入

ぴ)書いたっぴ!

馬)つぎに「和名」の所に植物の名前を書こう。もし図鑑などで調べても分からない場合は、分かった範囲までか、何も書かなくてもいいよ。標本にしておけば、あとで調べることができるからね。

ぴ)この植物はコバンソウだっぴ。この植物を採った時に調べたっぴ。

ぴ)この「番号」の所はどうするっぴ?
馬)ここは標本番号と言って、整理できるように、この標本だけの番号を記入するんだよ。

馬)今回はぴじゅうからちゃんの標本なので、ぴじゅうからちゃんの番号をつけよう。今後標本が増えた時に番号は重ならないようにしてね。

ぴ)これは、ぴじゅうからの1番目の標本だっぴ!!ぴ-001と。


ぴじゅうからちゃん

ぴ)最後に、「科名」と「学名」のところはどうすればいいんだっぴ?
馬)図鑑などを調べると書いてあるよ。生物を調べていく時に区別がつく様にするため、似た仲間ごとにまとめて細かく分けていく(分類する)のだけど、その名前の一つが科名だね。

馬)科名は、図鑑やインターネットのサイトにも書いてあったんじゃないかな。
ぴ)コバンソウはイネ科だっぴ。

馬)つぎは学名。和名は日本語でつけられたその生物種(せいぶつしゅ)の名前で、この場合はコバンソウだね。

馬)学名はラテン語という言語でつけられた、その生物種の世界共通の名前なんだよ。この場合は[Briza maxima]、世界中で通じる名前なんだ。

ぴ)なんだか難しそうだっぴ。
馬)言葉が違う世界中のさまざまな人々が共通に使うものだから、そんなに難しく考えなくていいんじゃないかな。
ぴ)じゃあ、科名と学名も書いてみるっぴ。科名はイネ科、学名は[Briza maxima]と。


台紙にラベルを貼り付け

ラベルの貼り付け

馬)ラベルに記入ができたら、台紙の右下にのりで貼りつけよう。
ぴ)貼りつけたっぴ。

 

馬)ここまで順調に進んでいるね。では、台紙に植物を貼りつけていくよ。

 

ぴ)いよいよ次回で完成だっぴ!!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化資料館
〒253-0055 茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18号
電話:0467-85-1733 ファクス:0467-85-1733
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る