現在の位置:  トップページ > 防災 > 地震や津波に備えて > 7日分の備蓄をしよう!


ここから本文です。

7日分の備蓄をしよう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001376  更新日  令和1年11月1日

7日分の備蓄をしよう!

 大きな地震災害が発生すると、道路、交通、水道、電気、ガス、電話などのライフラインが寸断され、平常時のように生活必需品をそろえることができません。ご家庭での対策として、最低限7日分の備蓄を心がけましょう。
 備蓄は、次のものを参考に準備しましょう。

1 食糧品

  • 主食
     乾パン、インスタント食品、乾燥米を使った五目ご飯(一般的にはお湯を注いで食べます)、おかゆ(レトルト食品でそのまま食べることができます)、パックされたもちなど
  • 副食
     梅干し、缶詰、味噌、醤油、塩など
  • 子ども、乳幼児に必要なもの
     粉ミルク、離乳食、おやつ

2 水

  • 飲料水
     命をつなぐ水。飲料水として一人一日3リットルが目安です。ミルクを作るのにも必要ですね。ペットボトルに入ったミネラル水は飲料水のほか、けがをした場合に傷を洗浄するのにも役立ちます(医療救護場所へはペットボトルを持参して行きましょう)。  飲料水袋(ビニール製で背負うことができます)や、ポリタンクは、給水車から給水を受け、自宅等に持ち帰るときに必要になります。
  • 生活用水
     浴槽や洗濯機に汲み置くと洗濯、トイレなど生活用水に使用できます。

3 トイレ

  • 簡易トイレ・汚物処理セット
     災害時は避難所に仮設トイレが設置されますが、初動時はトイレの不足が見込まれます。自助でのトイレ対策はいざというとき大変役立ちます。組み立て式の簡易トイレと汚物処理セット(袋、凝固剤、消臭剤等)を備蓄しておくと自宅のトイレや部屋を活用することができます。
  • 乳幼児に必要なもの
    紙おむつ

4 その他

  • 卓上カセットコンロ
    煮炊きに重宝します。ガスボンベなどの燃料も一緒に備蓄してください。
  • マンションではエレベーターは動かない!
    地震災害が発生すると、マンションなどのエレベーターは停止して、長期間使用できなくなることが想定されます。上層階にお住まいの場合は、階段を利用するしかありません。給水車が来て、給水を受ける場合を想像してください。大変な重労働になります。このようなことからも、日ごろからの備蓄が大変重要です。

     

 

非常持ち出し品をそろえよう!

 地震がおさまりました。転倒防止対策をし、家具の下敷きになることもなく、みな無事でした。
 でも、あたりは騒然としているでしょう。街中が停電し、夜間ならば真っ暗、水道も、ガスも使用することはできないと考えてください。電話も通じません。
 不安にかられたあなたはお子さんを連れて、あるいはご家族と、避難所に避難することにしました。避難するとき必要となるものについて考えてみましょう。
 非常時の持ち出し品の例は「非常時の持ち出し品」のページをご覧ください。
 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る