現在の位置:  トップページ > 申請書ダウンロード > 高齢・介護関係の申請書 > 訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出書


ここから本文です。

訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出書

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1032046  更新日  平成30年11月28日

 利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、訪問介護における生活援助中心型サービスの利用回数が基準回数以上となる場合、その必要性を居宅サービス計画(ケアプラン)に記載するとともに、居宅サービス計画(ケアプラン)を保険者である市町村に届け出ることが必要です。

 届出の対象となる訪問介護の種類は、生活援助中心型サービスです。届出の要否の基準となる回数は下記表の通りです。

届出の要否の基準となる生活援助中心型サービスの回数(1月あたり)
要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
基準回数 27回 34回 43回 38回 31回

(注)要介護度ごとに上記の回数以上の生活援助中心型サービスを位置付ける場合は届出が必要です。

(注)上記の回数には、身体介護に引き続き生活援助が中心である訪問介護を行う場合(生活援助加算)の回数は含みません。

申請期間

 居宅サービス計画(ケアプラン)を作成又は変更(軽微な変更を除く。)した月の翌月の末日

添付書類

 「訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出書」に下記の書類を添付してください。また、下記1から8については、写しを提出してください。

  1. 居宅サービス計画書(1)「第1表」(利用者へ交付し、署名があるもの)
  2. 居宅サービス計画書(2)「第2表」
  3. 週間サービス計画表「第3表」
  4. サービス担当者会議の要点「第4表」
  5. 居宅介護支援経過「第5表」(生活援助が必要な理由の記載がある箇所のみで可)
  6. サービス利用票「第6表」
  7. サービス利用票別表「第7表」
  8. 上記「第1表」から「第3表」、「第6表」「第7表」の作成のための課題分析の状況(アセスメント)がわかるもの及びフェイスシート
備考

届出内容について、照会することがあります。また、書類の追加提出を求めることがあります。

受付窓口

福祉部 高齢福祉介護課 支援給付担当

郵送での申請

ファクスでの申請

不可

電子メールでの申請

不可

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 支援給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る