現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 栄養 > 栄養成分表示について


ここから本文です。

栄養成分表示について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034773  更新日  令和1年5月23日

栄養成分表示活用の推進

 「栄養成分表示」とは、食品に含まれているエネルギー及びたんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量などを表示したものです。どの栄養成分がどのくらい含まれているのかは、食品を見ただけでは分かりませんが、それを分かるようにしたのが栄養成分表示です。栄養成分表示を見て、上手に食品を選び、必要な栄養素を過不足なく摂取できれば、健康の維持・増進を図ることに役立ちます。

一般用加工食品を製造、加工、輸入、販売される食品関連事業者の皆様

 平成27年4月1日に食品表示法が施行され、今まで任意であった栄養成分表示(エネルギー及びたんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)が、すべての加工食品に原則として表示するよう義務づけられました。一般用加工食品の経過措置期間は令和2年3月31日までです。計画的に準備し、速やかな表示の切り替えに努めてください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 地域保健課 保健指導担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3314 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る