現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > ペット > ペットのための防災対策 > 避難所でのペットの受け入れについて


ここから本文です。

避難所でのペットの受け入れについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1027538  更新日  令和1年11月8日

茅ヶ崎市のペット防災への取り組み

避難所でのペットの受け入れについて

 「茅ヶ崎・寒川動物愛護協議会」が作成している「避難所でのペットの受け入れについて(ガイドライン)」が平成29年4月に改訂されました。(令和元年6月一部改訂)避難所でのペットの受け入れについて、受け入れの流れや受け入れの方法、ペットの収容方法などについてまとめています。また、実際に避難所でペットの管理をする際に必要になると思われる書式等もガイドラインの中に入れています。

 また当ガイドラインを簡単にまとめたリーフレット「避難度でのペットの受け入れについて(ハンドブック)」を令和元年10月に作成しました。

 飼い主の方は一度内容をご確認いただけるよう、お願いいたします。

各避難所でのペットの受け入れについて

茅ヶ崎市では避難所運営マニュアルの中でペットの受け入れについて次のとおり決めています。

  1. 犬・猫等のペットは、鳴き声・臭い・アレルギー等の問題から、居住スペースには入れないようにする(避難所運営マニュアルP.18)
  2. 各避難所でペットの受け入れができるか、また受け入れる場合、どのスペースに収容するかは各避難所判断(避難所運営マニュアルP.10)

次のリンク先に各避難所の避難所運営マニュアルがあります。
お近くの避難所のペットの受け入れ状況をあらかじめご確認ください。

(注)災害発生時、災害の規模や被害の状況によっては、受け入れ可否の状況や受け入れ場所が変更になる可能性があります。

環境省のガイドラインについて

「環境省」が熊本地震への対応状況を検証し、より適切な対策が講じられるよう、平成30年3月に「人とペットの災害対策ガイドライン」を策定、一般飼い主がペットの災害対策を検討する際の参考とするために、同年9月に「災害、あなたとペットは大丈夫?人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>」を策定しました。
災害時に実際に起こったペットに関する問題や避難先における実際の問題について具体例を列記し、飼い主が行うべき重要な点について説明してあります。

飼い主の方は、ぜひ一度ご確認ください。
災害のとき、あなたとあなたの大事なペットを守るために、今できることを考えてみましょう。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 衛生課 環境衛生担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3317 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る