現在の位置:  トップページ > 防災 > 計画・マニュアル > 水害に備えた避難所運営


ここから本文です。

水害に備えた避難所運営

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1039981  更新日  令和2年7月31日

水害に備えた「避難所開設・運営マニュアル(素案)」

 令和元年東日本台風(台風第19号)における避難所開設・運営の課題等をもとに、水害時は地震と異なり事前の準備ができること等をふまえ、水害版の避難所開設・運営マニュアルを作成しました。

 本マニュアルについては、誰が関わっても一定水準の避難所運営ができるよう、避難に対する考え方から、開設準備、避難者受け入れ等、フェーズ毎の活動内容をチェックリスト形式でまとめ、洪水による浸水想定区域内と区域外の2種類を作成しています。(注)

 なお、新型コロナウイルス感染症対策の観点から、令和2年度は素案で運用し、地域住民の皆様や施設管理者等のご意見をいただきながら、継続的な見直しを行い、令和3年度に確定させる予定です。

(注) 素案における洪水浸水想定区域内と区域外の主な違いは、表紙およびP40(浸水被害発生時の対応)の有無となっています。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る