現在の位置:  トップページ > 防災 > 台風や大雨に備えて > 洪水の危険性を確認する。


ここから本文です。

洪水の危険性を確認する。

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1035864  更新日  令和1年8月15日

洪水ハザードマップで自宅が浸水するか、次の項目について確認しましょう。

1 どれくらいの深さ、浸水するのか?

2 どれくらいの時間、浸水するのか?

3 河岸侵食はあるのか?

洪水(想定最大規模降雨相模川版)・土砂災害ハザードマップです。
洪水(想定最大規模降雨相模川版)・土砂災害ハザードマップ

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の教訓から

 岡山県倉敷市真備町では、平成30年7月豪雨により大きな被害を受け、洪水による犠牲者の多くが避難せずに自宅などにとどまり、屋内で被災した可能性が高いことが分かっています。

 実際の浸水範囲は同町のハザードマップの洪水浸水想定区域とおおむね一致していましたが、発災後の住民へのアンケート調査によると、ハザードマップの内容を理解していた住民は24%に過ぎませんでした。

 日頃からハザードマップで居住地の洪水の危険性を確認し、避難について家族同士で話し合っておくことが大切です。

アンケート調査「ハザードマップを知っていたか」の結果です。
アンケート調査結果「ハザードマップを知っていたか」

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る