現在の位置:  トップページ > 防災 > 防災マップ > 茅ヶ崎市洪水ハザードマップ


ここから本文です。

茅ヶ崎市洪水ハザードマップ

ページ番号 C1001269  更新日  平成28年5月3日

 茅ヶ崎市では、平成20年3月に「茅ヶ崎市洪水ハザードマップ」を作成しました。
 「相模川版」と「小出川・千ノ川・駒寄川および内水版」の2種類を作成し、それぞれの浸水予想区域を示すとともに、洪水が発生した場合の破堤、はん濫などによる市内の浸水深度・浸水範囲予想や、避難情報を掲載しています。

洪水ハザードマップの概要

  1. 形態:マップ形式、両面カラー印刷、 A1サイズ、図面縮尺15,000分の1
  2. 浸水情報:国・県が作成・公表した浸水想定区域図と市が作成した外水及び内水はん濫による浸水予想区域図に基づく、浸水深 ・浸水範囲
  3. 主な記載内容:避難所、避難時危険箇所(急傾斜地崩壊危険箇所、地下道)、避難情報の伝達方法、避難時の注意事項、海抜標高、ハザードマップの使い方、町名・字界
  4. その他:ハザードマップの作成にあたっては、市内全地区の自治会役員の会議などで寄せられた意見や提案を反映させています。

全体図

洪水ハザードマップ記載内容の一部変更について(重要)

避難所の追加やサイトのURL変更などにより、洪水ハザードマップに記載している内容の一部に変更が生じています。次の補足資料と併せて洪水ハザードマップをご覧ください。

高解像度

低解像度

地区詳細図

地区詳細図

相模川版

高解像度

低解像度

(注)上記の地区名については、おおよその目安となる地区名のみを記載しています。

小出川・千ノ川・駒寄川および内水版

高解像度

低解像度

(注)上記の地区名については、おおよその目安となる地区名のみを記載しています。

「浸水深2.0メートル以上5.0メートル未満」区域の面積と人口

茅ヶ崎市洪水ハザードマップの中で、「浸水深2.0メートル以上5.0メートル未満」の区域の面積と人口は、次のファイルで確認できます。

洪水ハザードマップ記載内容(英語表記)の一部訂正

洪水ハザードマップの記載内容(英語表記)の一部にスペル誤りがありました。次のとおり訂正いたします。
(本ページに掲載しているデータは修正済みです)

訂正箇所

相模川版右上部「凡例」、小出川・千ノ川・駒寄川および内水版右上部「凡例」

【訂正前】
洪水時通行危険道路(アンダーパス)
Road(underpass) dangerouse for passage during inundation
【訂正後】
洪水時通行危険道路(アンダーパス)
Road(underpass) dangerous for passage during inundation

関連リンク

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る