現在の位置:  トップページ > 防災 > 防災マップ > 茅ヶ崎市の地形及び地質の状況


ここから本文です。

茅ヶ崎市の地形及び地質の状況

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001270  更新日  平成26年10月20日

 本市は神奈川県のほぼ中央南部、相模湾に面し、東は藤沢市、西は相模川をはさんで平塚市、北は寒川町と隣接しています。市域は海岸線から北部に広がり、南部の海岸と中部の平野は沖積層、北部のなだらかな丘陵地は洪積層の台地となっています。北部丘陵地に源流をもつ千ノ川が北東から南西に流れ、寒川町境を流れる小出川と西南部で合流し、さらに相模川と合流して相模湾に注いでいます。

地形概要

 本市の地形は、北部の丘陵地と相模川や小出川周辺の沖積低地、丘陵地から海岸まで広がる砂丘地帯の3つに大別されます。
 丘陵地は、高座丘陵と呼ばれ、香川・甘沼・赤羽根以北の小出地区に位置しています。比較的緩やかな丘陵面が広がっていますが、この台地を小出川や駒寄川などが浸食し、芹沢・行谷・堤・下寺尾などの谷戸をつくり出しています。都市開発に伴い、一部の台地は切土され、谷戸は埋め立て等の人工改変により、元の地形が判別しがたくなっています。
 沖積低地は、自然堤防と後背湿地に大別されます。自然堤防は、河川の洪水時に土砂が堆積して出来た微高地で、河川に沿って平行に形成されています。都市化が進行する前は、自然堤防上には小さな集落が列状に立地していました。後背湿地は、自然堤防の外側に位置する1から2メートル程度低い土地であり、洪水時にあふれた水が川に戻れずに湿地化した部分です。水田・荒地・沼地でしたが、現在では多くの後背湿地が埋め立てられて、住宅地や工業地として利用されています。
 砂丘地帯は、北部の丘陵地から海岸線までの約4キロメートルにわたる地域に分布し、東西方向に6列の砂丘列が確認されています。幹線道路(国道1号・大山街道・国道134号)は、この砂丘の頂を結ぶように走っています。

地質概要

 丘陵地は、通称赤土と呼ばれる関東ロ-ム層で地表が覆われ、赤羽根から芹沢にかけ約10メートル、県立茅ヶ崎北陵高校付近では約15メートル程度の厚さが確認されています。ロ-ム層の下部には、高座丘陵砂礫層や相模野礫層と呼ばれる砂礫層が堆積しています。
 沖積低地の上部では、自然堤防には砂層が堆積し、後背湿地には粘土層が5から10メートル程度の厚さで分布しています。
 砂丘地帯では砂が堆積し、砂丘高度は相模川西岸で6から9メートル、茅ヶ崎市で12メートル、藤沢市で25から32メートルと西側から東側に著しく高くなっています。砂丘砂の厚さも4.5から16メートルと西から東に厚くなっています。

茅ヶ崎市の位置・面積

  • 方位
    東経 139°24′
    北緯 35 °19
  • 面積
    35.76平方キロメートル
  • 距離
    東西6.94キロメートル
    南北7.60キロメートル

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る