現在の位置:  トップページ > くらし > 国民年金について > 国民年金に加入する人 > 第1号被保険者


ここから本文です。

第1号被保険者

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004111  更新日  令和3年6月3日

日本国内に住所がある20歳以上60歳未満で、第2号被保険者又は第3号被保険者以外の人。
国民年金保険料は自分で納めます。

保険料額

定額保険料

令和3年度1か月 16,610円

 

令和4年度1か月 16,590円

付加保険料 1か月 400円

20歳になったとき

20歳になった方には、日本年金機構から国民年金(第1号被保険者)に加入したことをお知らせしています。

20歳になってから概ね2週間以内に「国民年金加入のお知らせ」、「国民年金保険料納付書」、「国民年金の加入と保険料のご案内(パンフレット)」、国民年金保険料の免除・納付猶予制度と学生納付特例制度の申請書、返信用封筒が送付されます。

(注)「年金手帳」は別途送付しています。

(注)厚生年金保険に加入している方を除きます。

(注)令和元年10月前に20歳になった方には、国民年金に加入するための手続きの案内を送付していました。

もしも、20歳になってから約2週間程度経過しても「国民年金加入のお知らせ」が届かない場合は、国民年金の加入手続きが必要なため、市役所保険年金課年金担当またはお近くの年金事務所でお手続きしてください。

免除・学生納付特例制度・追納について

  • 学生には学生納付特例制度があります。
  • 学生以外の人には申請による免除制度納付猶予制度があります。

就職したとき

就職により、お勤め先の年金制度に加入したときは、市役所保険年金課年金担当への届け出は必要ありません。

(注) 厚生年金に加入した月以降の国民年金保険料を納める必要はありません。
納付済みの保険料がある場合は、年金事務所から後日保険料の還付請求書が送付されます。

住所が変わったとき

  • 茅ヶ崎市内で転居
    原則手続きの必要はありません。
    (注) 氏名変更と同時に転居する場合は届け出が必要です。
  • 茅ヶ崎市外へ転出
    当市での手続きはなく、転出先の市区町村の年金担当で手続きが必要です。
  • 茅ヶ崎市へ転入
    市役所保険年金課年金担当へ届け出が必要です。

手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 年金手帳
  • 印鑑(認印で可)

(注)前住所地での納付書はそのまま使えます。また、口座振替していた方は、そのまま継続可能です。

海外に転出するとき

在外邦人は、国民年金への加入は任意です。
国民年金をやめるか、任意加入するか、市役所保険年金課年金担当へ届け出が必要です。

国民年金をやめるとき

手続きに必要なもの

 市民課で国外転出の手続後に保険年金課年金担当で手続が必要です。

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 年金手帳
  • 印鑑(認印で可)
  • 引き落とし中の預金通帳又は貯金通帳(口座振替の場合)
  • 引き落とし中の通帳届出印(口座振替の場合)
  • 引き落とし中のクレジットカード(クレジットカード払いの場合)

引き続き加入するとき

納付などのために、日本国内に協力者が必要です。

【日本国内に協力者がいる場合】

親族が協力者になります。市役所保険年金課年金担当へ届け出してください。

手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 年金手帳
  • 印鑑(認印で可)
  • 預金通帳又は貯金通帳(口座振替希望の場合)
  • 通帳届出印(口座振替希望の場合)
  • 委任状(申請者本人と代理人が別世帯の場合や本人が出国しており来られない場合)
  • 代理人の本人確認できる書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

【日本国内に協力者がいない場合】

日本国内における最後の住所地を管轄する年金事務所が窓口です。

手続きに必要なもの(手続き前に、必ず年金事務所へ確認してください。)

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 年金手帳
  • 印鑑(認印で可)
  • 預金通帳又は貯金通帳(口座振替希望の場合)
  • 通帳届出印(口座振替希望の場合)

60歳になったとき

国民年金をやめる届け出は必要ありません。
60歳以降も任意加入を希望する場合は、市役所保険年金課年金担当へ届け出が必要です。

退職して第2号被保険者の扶養になるとき

市役所保険年金課年金担当への届け出は必要ありません。
厚生年金に加入している配偶者に扶養されるようになった場合は、第3号被保険者に該当しますので、配偶者の勤務先へ届け出をしてください。
第1号被保険者と結婚して扶養されるようになった場合は、引き続き第1号被保険者に該当します。

結婚・離婚等で氏名が変更になるとき

市役所保険年金課年金担当へ届け出が必要です。

手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 年金手帳
  • 印鑑(認印で可)

納付書はそのまま旧姓のものを使用できます。口座振替していた方は、そのまま継続可能です(金融機関への届け出は必要です)。

注意: 結婚して、厚生年金に加入している配偶者に扶養されるようになった場合は、配偶者の勤務先へ届け出をしてください。
 第3号被保険者に該当します。

年金手帳をなくしたとき

市役所保険年金課年金担当での申請が必要です。

手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 印鑑(認印で可)

(注)申請してからお手元に届くまで1か月~1か月半程度を要します。お急ぎの場合は藤沢年金事務所に御相談ください。

(注)市役所または年金事務所で再発行申請できるのは、国民年金第1号被保険者の方のみです。

保険料の支払いが困難なとき

学生の方には、学生納付特例制度があります。

学生以外の方には、申請による免除制度、納付猶予制度があります。

生活保護や障害年金を受けている方には、法定免除制度があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 年金担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1197
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る