現在の位置:  トップページ > 日めくり茅ヶ崎 > 令和3年3月日めくり茅ヶ崎 > 7月21日から3月11日 小出小学校5年生が旧和田家の価値や魅力を伝えるポスターを作成しました


ここから本文です。

7月21日から3月11日 小出小学校5年生が旧和田家の価値や魅力を伝えるポスターを作成しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1042570  更新日  令和3年3月19日

掲載日
令和3年3月19日(金曜日)
取材場所
茅ヶ崎市役所
  • 前へ
  • 次へ

 令和2年度に行われた旧和田家住宅の耐震改修工事を契機に、旧和田家住宅の歴史や価値を学び、茅ヶ崎市の貴重な財産であることを伝えるためのポスターを作成しました。

 「伝えよう!旧和田家」は全5回、令和2年7月から令和3年3月にかけて、小出小学校5年生が総合的な学習の時間で行いました。講師の東海大学建築学科の小沢朝江教授、株式会社サン・アドのアートディレクター小島潤一氏、コピーライターの安藝哲朗氏、また職人の方々や東海大学の学生、地域の方にもご協力いただき、実施することが出来ました。

 旧和田家住宅の歴史や価値を学び、それらの魅力をたくさんの人に伝えるための「表現」について、講師の方々に教えてもらいました。また、実際に改修工事が進む旧和田家住宅に訪れ、家の造りや当時の暮らし、伝統的な職人技術の体験や工事のお手伝いも行いました。
 ワークショップ開始当初は、旧和田家住宅のことをよく知らない子ども達が多かったのですが、ワークショップ最終回を迎えるころには、旧和田家住宅に愛着を感じてくれている様子で、とても嬉しく思いました。

 作成したポスターは全8枚で、子ども達が伝えたいと思った旧和田家住宅の8つのテーマをもとに作成しました。また、株式会社サン・アドが8枚を1枚に合体させたポスターも作成してくれました。
 今後、これらのポスターをイベントの周知やガイドブックの表紙等に活用することで、旧和田家住宅を多くの人に知ってもらい、将来にわたり、この貴重な文化財を継承していきたいと考えています。

ワークショップ「伝えよう!旧和田家」
タイトル 内容
第1弾
「旧和田家を知ろう!」
東海大学小沢教授から旧和田家住宅の特徴や、株式会社サン・アドから人に伝える方法について学びました。
第2弾
「旧和田家に触れよう!」
改修工事が進む旧和田家住宅へ取材に訪れ、家の造りや当時の生活について学びました。
また、伝統的な職人の技術を体験・見学したり、犬走のたたきなど工事のお手伝いをしました。
第3弾
「旧和田家をプロデュースしよう!」
株式会社サン・アドから人の興味をひくポスターデザインやキャッチコピーのコツを教えてもらいました。
第4弾
「作業を進めよう!」
班で話し合いを行いながら、ポスター作りを進めました。
第5弾
「発表しよう!」
今までの振り返りと、完成したポスターのお披露目をしました。

「伝えよう!旧和田家」ポスター展示

 令和3年3月25日(木曜日)から年4月30日(金曜日)まで、小出地区コミュニティーセンターで、本取組の様子や児童の作品を展示しております。是非、お越しください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る